ドライフルーツの保存方法 常温、冷蔵、冷凍で保存できる?

Sponsored Link

ドライフルーツの保存方法と美味しい食べ方を知っていれば美容と健康に役立ちます。

ドライフルーツは干し果物とも呼ばれます。

ドライフルーツ(干し果物)は、果物を天日干しや砂糖漬けなどで乾燥して保存できるようにした食品です。

ドライフルーツ(干し果物)の製造方法には、天日干し・砂糖による脱水・油で揚げる・フリーズドライなどの方法があります。

ドライフルーツ(干し果物)の特徴は、果物の甘み・風味・栄養が凝縮されていることです。

乾燥させることで、生のままでは食べにくい果物を美味しく食べられるようにしていることもあります。

日本では干し柿などが乾燥させて美味しくしたドライフルーツになります。

ドライフルーツ(干し果物)は保存性に優れているので、長期間食べられたり広い範囲に果物を流通させられます。

ドライフルーツ(干し果物)は、自然食品ないし健康食品としての側面もあるので多くの人に食べられています。

一般的に果物は収穫した瞬間から傷み始めます。

ドライフルーツは、美味しい果物を長期間保存して食べられるようにした古くからある加工方法です。

ドライフルーツに加工される果実はたくさんあります。

人気のドライフルーツには、

・ブドウ・イチジク・バナナ・プルーン・イチゴ

・カキ・アンズ・ブルーベリー・クランベリー

・オレンジ・メロン・レモン・リンゴ・マンゴー

・パパイヤ・パイナップル・ナツメ・クコ・ウメなどがあります。

 

次に、ドライフルーツの保存方法の常温・冷蔵・冷凍保存について紹介します。

 

ドライフルーツ

 

doraihuru-tu

 

ドライフルーツの保存方法には、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられます。

ドライフルーツを上手に保存して、健康・美容に役立てませんか。

ドライフルーツ(干し果物)には果物のミネラル分と食物繊維が豊富に入っています。

ミネラルや食物繊維不測の一人暮らしの人にはおススメの栄養食品です。

貧血気味や外食が多い人はドライフルーツ(干し果物)をおススメします。

スナックお菓子など甘いものの食べ過ぎで皮下脂肪や内臓脂肪がたまっている人は、ドライフルーツに変えてみませんか。

ドライフルーツには抗酸化物質も豊富に含まれています。

アンチエイジングにもおススメの食品です。

 

ドライフルーツの保存方法・常温

 

img64114588

 

ドライフルーツの保存方法を知っていれば長期間保存して美味しく食べられます。

ドライフルーツを保存面から分けると、シットリタイプとドライタイプに分けられます。

シットリタイプのドライフルーツには、レーズンやプルーンになります。

ドライタイプにはマンゴーやバナナチップがあります。

シットリタイプとドライタイプの賞味期間は1ヶ月~数年の幅があります。

一般的にシットリタイプのドライフルーツの賞味期限は3ヶ月程度です。

ドライタイプのドライフルーツの賞味期限は数年あります。

賞味期限は封を開けない状態の期間なので、封を開けたら保存状態によって消費期限が変わります。

ドライフルーツの常温保存はおススメしません。

常温保存すると空気中の水分を吸ってカビが発生するか、ポロポロになって味覚が落ちてしまいます。

 

ドライフルーツの保存方法・冷蔵・冷凍

 

ドライフルーツの保存方法では冷蔵保存をおススメします。

ドライフルーツはシットリタイプもドライタイプも封を開けたら、乾燥剤を入れた密封できる袋に入れて冷蔵庫で保存します。

冷蔵庫は湿気があるので、ドライフルーツが湿気を吸わないように注意してください。

ドライフルーツの冷凍保存はおススメできません。

冷凍保存すれば解凍時に果物の戦機が壊れて味覚が劣化します。

ドライフルーツは冷蔵保存にしてください。


PAGE TOP