春雨、ビーフン、チャプチェの違い。カロリー、栄養面は?

Sponsored Link

春雨、ビーフン、チャプチェの違いを正確に知っている人も少ないのではないでしょうか。

春雨、ビーフン、チャプチェの違いを子供に聞かれたときにスムーズに答えられるようにしませんか。

家庭料理でも使われることが多い「春雨」・「ビーフン」・「チャプチェ」のことを調べてみませんか。

 

次に、春雨、ビーフン、チャプチェの違いを紹介します。

 

春雨

 

f58m_2128

 

春雨、ビーフン、チャプチェの違いを正しく理解するために「春雨」の概要を紹介します。

春雨(はるさめ)は、緑豆(リョクトウ)やジャガイモ・サツマイモから採れるデンプンを原料としてつくられた乾燥食品になります。

春雨は日本だけでなく中国・台湾・タイ・ベトナム・朝鮮でも料理に使われています。

日本の春雨のデンプンは、主にジャガイモなどの芋デンプンを材料としています。

春雨の主産地は奈良県になります。

春雨は西暦1000年前後には中国で作られていました。

日本に伝来したのは鎌倉時代と考えられています。

春雨は禅宗の精進料理の材料とされていました。

春雨は、日本では鍋料理の具として使われることが多いようです。

唐辛子などで中華風に味付けした「中華サラダ」は美味しいですね。

麻婆春雨は春雨を炒め煮にした日本風の中華料理になります。

熊本県の郷土料理には、太平燕(タイピーエン)という春雨を主体にした麺料理があります。

近年ではカップ型のインスタント食品の春雨ヌードルも人気があります。

小麦粉のインスタント麺類よりも低カロリーなので人気が高いようです。

 

ビーフン

 

b4869d8c

 

春雨、ビーフン、チャプチェの違いを正しく理解するために「ビーフン」の概要を紹介します。

ビーフンは、「うるち米」を原料とするライスヌードルの一種になります。

ビーフンの発祥は中国南部の福建省周辺になります。

ビーフンの漢字表記は「米粉」になります。

日本語のビーフンはミンナン語や台湾語の発音「ビーフン」に由来する外来語になります。

中国福建省や台湾、日本で食べられるビーフンは素麺のような細長い形状をしています。

英語ではライス・ヴァーミセリと呼びます。

ビーフンは日本だけでなく、台湾・中国南部・ベトナム・タイ・インドネシア・マレーシア・シンガポール・フィリピン・ミャンマーなどで食用とされています。

 

チャプチェ

 

春雨、ビーフン、チャプチェの違いを正しく理解するために「チャプチェ」の概要を紹介します。

チャプチェは春雨を炒めた韓国料理になります。

チャプチェの漢字表記は雑菜になります。

チャプチェ(雑菜)は、柔らかく戻した唐麺(タンミョン)と呼ばれる春雨に細切りにした牛肉とタケノコ他の野菜・キノコ類をゴマ油で炒めた料理です。

日本にある韓国料理店ではお惣菜的な扱いをされています。

韓国では、御祝いの席や多くの客を招く際などに作られる伝統的な宴席料理の前菜になります。


PAGE TOP