年越しそばはいつ食べる?由来と縁起担ぎが良い具は?

Sponsored Link

年越しそばはいつ食べるの?子供に聞かれてどうこたえていますか。

年越しそばの由来にはいろいろな説もあるようです。

年越しそばに使われている具材には決まりがあるのでしょうか。

年越しそばは、歳末の日本の風物詩ともなっている蕎麦料理です。

12月31日の大晦日に縁起を担いで食べる日本文化の風習の蕎麦になります。

年越しそばには地域特色があり、年越しそばの呼び方もいろいろあります。

年越しそばの呼び方には、

・「年切り蕎麦」・「大晦日蕎麦」・「晦日蕎麦」・「大年そば」

・「つごもり蕎麦」・「運蕎麦」・「年取り蕎麦」・「縁切り蕎麦」

・「寿命蕎麦」・「福蕎麦」と呼んでいる地域があります。

 

次に、年越しそばはいつ食べる?・年越しそばの由来・年越しそばに入っている具材などの紹介をします。

 

年越しそばはいつ食べる?

 

toshikoshisoba

 

年越しそばをいつ食べるか時間やタイミングを知っていますか?

一般的に多くの人が考える年越しそばを食べる日は、12月31日の大晦日になります。

食べる時間やタイミングについての決まりはないようです。

12月31日の大晦日の夕食で食べる家庭もあれば、年越しの除夜の鐘に合わせたタイミングで食べる家庭もあるようです。

年越しそばを食べる日は12月31日の大晦日ですが、食べる時間やタイミングについては特に決まりはないとする考えが多いですね。

年越しそばの場合、多くの人は外食ではなく自宅で食べています。

日本には大晦日に年越しそばを食べない地域もあります。

福島県の会津地方では、1月1日に蕎麦料理を食べる習慣があるようです。

次に、年越しそばの由来や年越しそばの具材について紹介します。

 

年越しそばの由来

 

25321f1fe3996b2992d10b6f5d05ae00_t

 

年越しそばはいつ食べるの?と子供に聞かれたら12月31日大晦日だと答えてください。

年越しそばの由来にはいろいろな説があります。

次に有力な説を紹介します。

・良く知られている説は、蕎麦は細く長いことから延命と長寿を願ったものであるとする考えです。

・切れやすい蕎麦から、一年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという説もあります。

・昔は金銀細工師がそば粉の団子を用いて金粉銀粉を集めていたようです、金を集める縁起物であるからという説もあります。

・鎌倉時代の「世直しそば」に由来するという説もあります。

・健康の縁起を担ぐ説もあります。

ソバは風雨に叩かれても日光を浴びると元気になるそうです。

年越しそばにはいろいろな意味がありそうです、一年の厄払いと来年の運気上昇を願って食べればよいのではないでしょうか。

次に、年越しそばの具材について紹介します。

 

年越しそばの具材

 

年越しそばはいつ食べる?と聞かれたら12月31日の大晦日だと答えてください。

年越しそばの由来にはいろいろな説があります。

蕎麦は細く長いことから延命と長寿を願ったものであるとする考えが多いようです。

年越しそばの具材についてはそれぞれの地方によって異なるようです。

多くの家庭ではおせち料理と共通する材料を使っているケースが多いようです。

腰が曲がることから長寿のシンボルとなっている「海老」を、蕎麦の具材に使います。

かき揚げ・海老天ぷらなどです。

昔から縁起物としてお祝いに使われている紅白かまぼこも、薄く切って蕎麦に入れます。

卵焼きや伊達巻は、黄色が金色に通じる縁起物として使われます。

地方独特の具材には、北海道や京都で使われる「にしんの甘露煮」・京都周辺で見られる油揚げをのせたあんかけ蕎麦などがあります。

関東から全国で食べられている一般的な蕎麦料理には、きつね蕎麦・たぬき蕎麦・おかめ蕎麦・天ぷら蕎麦などがあります。


PAGE TOP