ノンカフェイン、カフェインレス、デカフェの違い。妊娠中は?

Sponsored Link

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェの違いを知っている人は少ないのではないでしょうか。

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェのコーヒー飲料の中で妊娠中でも安心なのはどれになるでしょうか。

カフェインとはアルカロイドの1種になります。

アルカロイドとは、窒素を含む塩基性の植物成分になります。

植物塩基とも呼ばれる「アルカロイド」はアルカリに似た化合物という意味があります。

アルカロイドには激しい毒性をもつものが多いとされています。

アルカロイドの、モルヒネ・アトロピン・エフェドリン・コカインなどには鎮痛や麻酔などの作用があるので医薬としても使われています。

カフェインには、興奮作用があり精神刺激薬のひとつとされています。

カフェインには、覚醒作用・解熱鎮痛作用・強心作用・利尿作用などがあります。

カフェインを含む飲料品には、緑茶・ウーロン茶・紅茶・コーヒー飲料・ココア・コーラ・栄養ドリンクなどがあります。

チョコレートなどもカフェインは含まれています。

現在では、妊娠期や過敏体質の人でも飲めるノンカフェインコーヒーなどカフェインを含有しない飲料が増えているようです。

「妊娠中にコーヒーを飲んではいけない」と言われるので、食品に含まれるカフェインに過剰反応する女性もいます。

妊娠中にカフェインを“過剰摂取”すると、早産・流産・低体重児のリスクが高まるとされています。

尿に排出されるカルシウムの量を増やすので、鉄分の吸収を妨げることもあるようです。

妊娠中のカフェイン摂取に関しては、“過剰摂取”した場合に悪影響がでるのであって少量であれば問題ないとされています。

カフェインが鉄分の吸収を妨げる影響については、食事の前後1時間内にカフェイン摂取を避ければ予防できます。

妊娠中でもカフェインの“過剰摂取”を避ければ問題ないので、カフェインに過剰反応するのは良くありません。

 

次に、ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェの飲料品の違いやカフェインレスの飲料品は妊娠中でもOKなのかなどの紹介をします。

 

ノンカフェイン

 

61QiJ8Xf70L._SL1034_

 

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェの違いを知るためにノンカフェインの紹介をします。

ノンカフェインはカフェインフリーともいわれます。

ノンカフェインの飲料品にはカフェインを含んでいません。

カフェインを一切取りたくない妊娠中の女性には、ノンカフェインやカフェインフリーの飲料品をおススメします。

カフェインレスの飲料品には少量のカフェインが含まれています。

妊娠中の女性でカフェインを一切摂りたくない人は、ノンカフェイン(カフェインフリー)の飲料品をおススメします。

 

カフェインレス

 

1395314587

 

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェの違いを知るためにカフェインレスの紹介をします。

カフェインレスとはカフェインが少し含まれている飲料品になります。

カフェインの含有量がほとんどゼロに近い飲料品になります。

カフェインレスの飲料品であればカフェインの過剰摂取にはならないので、大量に飲まなければ妊娠中でも心配することはないと考えられます。

 

デカフェ

 

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェの違いを知るために、デカフェの紹介をします。

デカフェは、カフェインを含んでいる食品からカフェインを取り除いたものになります。

含まれるカフェインはゼロではなく、ごくわずか含まれています。

カフェインレスやデカフェの飲料品にはごくわずかのカフェインが含まれています。

妊娠中のカフェインの“過剰摂取”は悪影響がありますが、少しのカフェインを含む飲料品を摂取しても問題ありません。

 


PAGE TOP