天ぷらと食べ合わせが悪い食べ物、理由

Sponsored Link

天ぷらは海外でも人気の日本食です。

天ぷらと食べ合わせが悪い食べ物があります。

美味しい天ぷらを楽しむには、食べ合わせにも気を付けることが大切のようです。

天ぷらは江戸の郷土料理です。

江戸時代には串に刺したものを「つゆ」や「大根おろし」をつけて食べていたようです。

天ぷらを単品で食べる場合は天つゆと共に食するのが一般的とされています。

天ぷらの専門店では、天皿に揚がった天ぷらを盛り付けて、呑水(とんすい)に天つゆを入れてだされます。

一般的な天つゆは、出汁・味醂・醤油・砂糖を基本としています。

天つゆには、大根おろし・紅葉おろし・おろし生姜・柚子・山椒等を薬味として使います。

 

次に、天ぷらの概要・天ぷらと食べ合わせが悪い食べ物・天ぷらとの組み合わせが良い食べ物などの紹介をします。

 

天ぷら

 

yun_11654

 

天ぷら屋さんは海外にもあります。

欧米人にも人気の天ぷらには、食べ合わせが悪い食べ物があるので注意が必要です。

天ぷらを食べて体調不良にならないためにも食べ合わせには注意したいですね。

天ぷらの漢字表記には天麩羅や天婦羅があります。

天ぷらは各種食材を小麦粉の衣で包んで油で揚げる調理になります。

食材には魚介類や野菜等をつかいます。

衣は、鶏卵と溶き汁を小麦粉にあわせたものです。

食材を衣で包んで油で揚げる、日本人だけでなく欧米人にも人気の日本料理です。

天ぷらは「江戸の三味」の一つに数えられています。

本来は江戸(東京)の郷土料理で江戸料理として知られていました。

江戸の郷土料理である天ぷらの調理法は全国の家庭料理でも人気があります。

 

天ぷらと悪い食べ合わせの食べ物

 

799394707888482_1

 

天ぷらにと食べ合わせが悪い食べ物があります。

美味しい天ぷらを楽しむには食べ合わせにも気を付ける必要がありそうです。

天ぷらと食べ合わせが悪い食べ物は「スイカ」です。

スイカは水分を多く含む野菜になります。

天ぷらは油が多い食べ物なので、水分が多いスイカと一緒に食べると胃液が薄まって消化不良になる可能性が高まります。

健康な胃腸な人では問題がなさそうですが、

・胃腸の弱い人・胃腸機能が低下している高齢者

・まだ胃腸機能が育っていない子供・下痢気味の人は避けたほうが良さそうです。

 

天ぷらの美味しい作り方食べ方

 

天ぷらとの食べ合わせが悪い食べ物には「スイカ」がありました。

天ぷらの美味しい作り方を知っていれば、周りにも教えてあげられますね。

天ぷらを美味しく作るコツを紹介します。

・エビなどの魚介類の冷凍食材は水分を脱水シートなどでシッカリと取り除く

・天ぷらの衣の材料は、調理前に冷蔵庫でシッカリ冷やす

・衣作りでは1番目に卵黄と水を混ぜる

・衣に炭酸水を加える

・ネタに打ち粉をしてから衣をつける

・かき揚げを揚げるときには、脂の中で具材を広げるなどです。


PAGE TOP