カニと食べ合わせが悪い食べ物、理由

Sponsored Link

カニ大好きの人は多いですね。

カニには食べ合わせの悪い食べ物がありそうなので気を付けたほうが良さそうです。

美味しいカニを食べて体調不良になってはつまらないですから。

美味しい旬のカニを味わいませんか。

カニは、十脚目短尾下目に属する甲殻類の総称だそうです。

但し、タラバガニやヤシガニなどは十脚目異尾下目に属しています。

十脚目短尾下目のカニも十脚目異尾下目のカニも、漁業・流通等の産業上は全て「カニ」として扱われているようです。

 

次に、カニのこと・カニと食べ合わせが悪い食べ物・カニの栄養成分などの紹介をします。

 

カニのこと

 

0001

 

カニは美味しいですね、美味しいカニを食べるときには食べ合わせにも注意してください。

カニとの食べ合わせが悪い食べ物でお腹をこわしては大変です。

カニの多くの種類が食用として漁獲されています。

ズワイガニ・ケガニ・ガザミ等、多くのカニが美味しく食べられています。

カニの料理法には、しゃぶしゃぶ・刺身・焼き物・カニ汁・鍋料理等があります。

カニを蒸したり茹でたりして殻を割って食べると美味しいですね。

カニは、身を解してサラダやチャーハン等の具材としても活躍しています。

カニの殻を割るための道具や食べるための専用の道具もあります。

クラブクラッカー・カニスプーン・カニフォークを使った人も多いのではないでしょうか。

 

カニとの食べ合わせ

 

017-5

 

カニと食べ合わせが悪いとされる食べ物では、「柿」・「かき氷」・「梨」・「トマト」などが知られています。

本当にカニとの食べ合わせが悪いのでしょうか。

カニと柿の食べ合わせでは、カニは傷みやすく柿は消化が悪いので、胃腸が弱い人などはお腹をこわす可能性が考えられます。

また、カニと柿には体温を下げる働きがあるので、食べ過ぎるとお腹を壊す可能性が考えられます。

「かき氷」・「梨」・「トマト」なども体温を下げる働きが考えられるので「柿」と同じ理由ではないかと考えられます。

胃腸が健康であれば、また食べ過ぎないのであればカニとの食べ合わせは気にすることはないと考えられます。

 

カニの栄養成分

 

カニとの食べ合わせが悪いと考えられているのは「柿」・「かき氷」・「梨」・「トマト」などです。

カニと「柿」・「かき氷」・「梨」・「トマト」などとの食べ合わせは医学的には問題ないそうです。

食べ過ぎに注意することや、胃腸が弱っているときには気を付けるなどすれば問題ないと考えられます。

カニに含まれている栄養成分は、

・タンパク質・タウリン・ビタミンB群・ビタミンE・ナトリウム・カリウム

・マグネシウム・カルシウム・マンガン・リン・鉄・亜鉛などです。

豊富なビタミンB群は、疲労回復・滋養強壮・免疫力向上に有効とされています。

 


PAGE TOP