アボカドと食べ合わせが良い食べ物と効果

Sponsored Link

アボガドはクスノキ科ワニナシ属の木になる果実です。

アボガドの原産地はメキシコから中央アメリカだとされています。

13~15世紀には栽培されていたと考えられています。

アメリカやヨーロッパに伝わったのは16~17世紀になります。

日本に伝わったのは大正時代です。

アボガドが一般家庭でも親しまれるようになったのは平成時代になってからです。

20年前と比べた現在では、13倍以上の輸入量になっているようです。

アボガドの種類は多いですが、「ハス型」・「ベーコン型」・「フェルテ型」の3系統に大きく分かれています。

「ハス型」は表皮が黒い緑色のアボガドでメキシコでの生産が多くなっています。

「ベーコン型」は果皮の色が比較的明るくて表皮が滑らかなのが特徴です。

グアテマラでの生産が多くなっています。

「フェルテ型」は南アフリカでの生産が多いアボガドです。

日本で流通しているアボガドの大部分は表皮が黒っぽい緑色をしている「ハス型」になります。

日本国内でもアボガドの栽培がおこなわれています。

日本で栽培されているアボガドは、「ベーコン型」・「フェルテ型」の品種を元にした種類が多いようです。

 

次に、アボカドのこと・アボガドと食べ合わせが良い食材・アボガドの栄養成分などの紹介をします。

 

アボガド

 

1210317top

 

アボガドは別名「ワニナシ」とも呼ばれる果実です。

生食される果実で、サラダ・タコス・サンドイッチ・ハンバーガー・カルフォルニアロールなどに使われています。

アボガドは醤油にもあう果物として注目されています。

刺身のようにワサビ醤油で食べるとおいしいですね。

アボガドを巻いた巻寿司や和風ドレッシングのサラダでも美味しく食べられます。

アボガドには不飽和脂肪酸が多いのでアボガドオイルが作られます。

アボガドオイルは、食用だけでなく石鹸にもなります。

ブラジルにはアボガド石鹸が広く定着しています。

アボガドは追熟して食べる果実です。

その為、スーパーマーケットや八百屋さんで購入してスグに食べるのはNGです。

アボガドが完熟しているかを確認してから食べてください。

完熟したアボガドは醤油に良くあいます。

アボガドには完熟確認用のシールが貼ってあります。

シールとアボガドの表皮が同じ色になったら完熟のサインです。

完熟した美味しいアボガドを召し上がってください。

 

アボカドと食べ合わせが良い食材

 

P028308938_480

 

アボカドとの食べ合わせが良い食材と一緒に食べると、血行促進・冷え性改善・美肌つくり・便秘改善・アンチエイジング効果が期待できます。

マグロ・レバー・レモンと「アボガド」を食べ合わせると、血行促進・冷え性改善などの良い効果が期待できます。

トマト・アスパラガス・アーモンドと「アボガド」を食べ合わせることで、美肌つくりなどの良い効果が期待できます。

牛乳・ヨーグルト・バナナと「アボガド」を食べ合わせることで便秘改善などの良い効果が期待できます。

鮭・ブロッコリー・パイナップルと「アボガド」を食べ合わせることでアンチエイジングなどの良い効果が期待できます。

 

アボガドの栄養成分

 

アボカドと食べ合わせが良い食材と一緒に食べて、栄養成分を効率よく摂取してください。

アボガドに含まれている栄養成分では、ビタミンEなどのビタミン類・カリウムやマグネシウムなどのミネラル類・食物繊維を多く含みます。

アボガドは果物や野菜類の中でも圧倒的に脂質が多いのが特徴です。

不飽和脂肪酸を多く含むのでコレステロールの取り過ぎや肥満の心配がありません。

アボガドにはビタミンEやビタミンCが多く含まれているのでアンチエイジングや美肌つくりの食べ物として期待できます。

ビタミンE・ビタミンCの抗酸化作用は生活習慣病予防に役立ちます。

生活習慣病は、脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・糖尿病・肥満などです。

不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールと言われるLDLを低下させる働きがあります。

健康診断でLDL値の上昇を指摘された人はアボガドを使った料理をおススメします。

食物繊維も豊富に含まれているので便秘改善や腸内環境の改善効果が期待できます。


PAGE TOP