トマトの酸味の原因成分と酸味をまろやかにする方法、消す方法

Sponsored Link

トマトは、南アメリカのアンデス山脈高原地帯(ペルー、エクアドル)原産のナス科ナス属の植物になります。

トマトの果実は美味しいですね、サラダなどの料理に仕える緑黄色野菜として親しまれています。

トマトの別名には、唐柿(とうし)・赤茄子(あかなす)・蕃茄(ばんか)・小金瓜(こがねうり)・珊瑚樹茄子(さんごじゅなす)などもあります。

 

次に、トマトの栄養成分・トマトの酸味成分・トマトの酸味をまろやかにする方法などを紹介します。

 

トマトの栄養成分

 

e5f6e0b54de8ccc981be81deb18a5a51_t

 

トマトに含まれている栄養成分では、リコピン・クエン酸・ケルセチン・食物繊維・カリウム・グルタミン酸が知られています。

リコピンには強い抗酸化作用があります。

リコピンはシワ・シミ予防などのアンチエイジング効果が期待される成分です。

リコピンには脂肪の蓄積を防ぐ働きもあるのでダイエットの期待もできます。

クエン酸には疲れを取る効果があります。

ケセルチンには血管を強くする働きがあります。

動脈硬化などの血管の病気の予防に役立ちます。

食物繊維には腸内環境の改善に役立ちます。

便秘の改善やコレステロール値の低下をサポートします。

カリウムには体内に溜まった余分な塩分や水分を排出する働きがあります。

グルタミン酸には内臓脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。

ダイエット効果が期待できる成分です。

グルタミン酸は肌の保湿効果もあります。

美肌つくりにおススメのトマトです。

次に、トマトの酸味成分やトマトの酸味をまろやかにする方法などの紹介をします。

 

トマトの酸味成分

 

ELF85_IMG_0814_TP_V

 

トマトには酸味を強く感じる成分が含まれています。

トマトの酸味成分はクエン酸やリンゴさんなどのフルーツに含まれている酸になります。

トマトに含まれている酸味成分の90%はクエン酸です。

酸っぱい成分のクエン酸は主に柑橘系の食べ物に含まれています。

トマトの酸っぱい成分は、レモン・グレープフルーツ・梅干しにも含まれているクエン酸です。

クエン酸には、美肌効果・アンチエイジング効果・疲労回復・動脈硬化予防などの働きが期待されます。

クエン酸を使えばピーリングができます。

弱酸性のクエン酸が、肌の表面の薄い層を溶かして皮膚の代謝を促進します。

気になるニキビ跡などはクエン酸で綺麗にできます。

クエン酸には、血流改善やミネラルの吸収の促進効果があります。

美肌・アンチエイジング・デトックスにおススメの成分です。

クエン酸では疲労回復効果が良く知られています。

クエン酸には、筋肉に蓄積された疲労物質の乳酸を分解排出する働きがあります。

乳酸を作りにくくするので疲労回復効果に優れています。

クエン酸には動脈硬化を予防してくれる働きもあります。

クエン酸が、 血圧を上げる働きのACEの働きを低下させます。

血圧の上昇を抑えて心筋梗塞・脳梗塞・高血圧などの予防をします。

次に、トマトの酸味をまろやかにする方法を紹介します。

 

トマトの酸味をまろやかにする方法

 

トマトの酸味成分はクエン酸です。

酸っぱい成分のクエン酸には健康・美容に役立つ効果が期待されます。

健康・美容に役立つトマトの酸味をまろやかにして美味しく食べたいですね。

トマトの酸味を緩和させる方法は、アルカリ性の食材と合わせることです。

アルカリ性の食材と合わせて食べることで酸味を緩和できます。

アルカリ性の食材には、海藻・野菜・果物・豆腐・オリーブオイルなどがあります。

オリーブオイルはトマトと相性が良いので酸味を抑えるのに適しています。


PAGE TOP