キュウリの育て方。種まきの時期、支柱や摘心のタイミングや害虫対策

Sponsored Link

キュウリの育て方を知っていると家庭菜園で新鮮な取れたてキュウリを食べられます。

キュウリの漢字表記は「胡瓜」になります。

キュウリはウリ科キュウリ属のつる性の植物になります。

昔は熟した実を食べていた時期もありましたが現在では未熟な実を食用にしています。

キュウリの原産地はインド北部・ヒマラヤ山麓と考えられています。

日本でキュウリが栽培されたのは平安時代頃からとされています。

家庭菜園でキュウリを育てるには、キュウリの種まき時期・きゅうりの育て方に必要な支柱立て方法・キュウリの摘心のタイミング・害虫対策などが必要になります。

 

次に、キュウリのこと・キュウリの育て方・キュウリの種まき時期・きゅうりの育て方での支柱や摘心を行うタイミングや害虫対策を紹介します。

 

キュウリ

 

f10c9d68f88880cd02bec6134b97ebbd_t

 

キュウリは夏野菜として人気があります。

キュウリは古くから食用として栽培されている野菜です。

キュウリの果実成分の95%程度は水分とされています。

歯ごたえのある食感とスッキリとした味わいが好まれています。

キュウリには水分量が多く含むことから暑い地方では水分補給用として重用されています。

キュウリは世界中で500品種も栽培されています。

キュウリは白イボ系と黒イボ系に大別されます。

白イボ系は現在栽培されているキュウリの90%以上になります。

皮が薄くて歯切れが良いのが特徴です。

黒イボ系は春に収穫するキュウリです。

黒イボ系は皮が厚いので現在では九州・四国・山形県などでわずかに作られています。

キュウリの育て方を知って美味しいキュウリを食べませんか。

キュウリの育て方ではキュウリ種まき時期が大切です。

きゅうりの育て方では支柱立て・摘出・害虫対策なども大切です。

 

キュウリの栄養・効果

 

gatag-00010765

 

キュウリは人気の夏野菜ですが、栄養・効果も期待できます。

キュウリの薬効には、むくみ改善・食欲増進・血圧降下・美肌サポート・やけど改善・あせも改善などがあります。

キュウリは、サラダ・漬物・酢の物で食べられる便利な野菜です。

キュウリの主な栄養成分には、βカロテン・ビタミンC・ビタミンK・カリウム・食物繊維などです。

カリウムには利尿作用があります。

利尿作用があるのでむくみ改善が期待できます。

キュウリの育て方では、キュウリの種まき時期を知ることが大切です。

次に、きゅうりの育て方での支柱立て・摘出・害虫対策などを紹介します。

 

キュウリの育て方

 

キュウリの育て方を紹介します。

キュウリの種まき時期には、「春まき」・「夏まき」・「秋まき」があります。

「春まき」のキュウリは、種まき4月上旬・植えつけが5月上旬・収穫が6月上旬~8月下旬になります。

「夏まき」のキュウリは、種まき6月上旬・収穫が7月上旬~9月上旬になります。

「秋まき」のキュウリは、種まき8月上旬・収穫が9月中旬~10月中旬になります。

きゅうりの育て方では支柱立ても大切です。

支柱立てには直立型と合掌型があります。

支柱は、1列で栽培する場合や株数が少ない場合は直立型にします。

2列なら合掌型に支柱を立てます。

親づるがネットの先端まで届いたら摘心します。

摘心は雄花より上の2枚の葉を残して行います。

キュウリの害虫が発生しやすい時期は5~8月です。

株が成長すると害虫の被害は少なくなります。

害虫対策では、無農薬と駆除剤療法での治療が必要になります。

害虫ごとに対策をする必要があります。

キュウリに発生する害虫には、「ウリハムシ」・「ワタアブラムシ」・「トマトハモグリバエ」・「ミナミキイロアザミウマ」・「カンザワハダニ」などがいます。


PAGE TOP