アナゴの旬の時期は夏、冬?地域で違う?旬のおいしい食べ方

Sponsored Link

アナゴの旬の時期を知っていますか?

穴子の旬は夏という地域と、穴子の旬は冬という地域があるようです。

穴子の旬は松島・広島・姫路・千葉では違うようです。

穴子は旬時期に食べるのが一番美味しいですね。

アナゴは、ウナギ目アナゴ科に属する魚になります。

アナゴの漢字表記は「穴子」だけでなく、「海鰻」もあります。

アナゴは、ウナギによく似た細長い体型です。

食用や観賞用で利用される種類を含めて、30以上の属と150種類以上が知られています。

アナゴが生息している環境や水深は種類によって異なります。

アナゴは、砂泥底・岩礁域・浅い海・深海など、いろいろな環境に多くの種類が生息しています。

日本で「アナゴ」といえば浅い海の砂泥底に生息して食用に多く漁獲されるマアナゴを指すことが多いようです。

日本で人気のある穴子はマアナゴとクロアナゴになります。

 

次に、アナゴの旬・穴子の旬は初夏と冬・松島の穴子の旬・広島の穴子の旬・姫路の穴子の旬・千葉の穴子の旬などの紹介をします。

 

アナゴのこと

 

anago

 

日本での重要な食用魚で、寿司・天ぷら・蒲焼などに料理される「マアナゴ」はクロアナゴ亜科・アナゴ属のアナゴです。

全長はオス40cm・メス90cm程です。

マアナゴの体は褐色で側線上に白い点線が並びます。

口を閉じた時に下顎が上顎に隠れます。

マアナゴは、北海道以南から東シナ海までの浅い海の砂泥底に生息しています。

日本ではクロアナゴも食用になっています。

クロアナゴの全長は1.5m程です。

マアナゴより大きく側線上に白い点はありません。

体が一様に黒色なのが特徴です。

東京湾や西日本、朝鮮半島の沿岸域の岩礁域に生息しています。

クロアナゴは、水分が多くてマアナゴより味が劣ります。

皮も厚く噛みきるのも大変です。

クロアナゴは、主に魚肉練り製品の材料に利用されています。

穴子の旬は夏の6~8月頃という人と、穴子の旬は冬の11~12月頃だという人がいます。

次に、松島の穴子の旬・広島のアナゴの旬・姫路の穴子の旬・千葉の穴子の旬を紹介します。

 

松島と広島の穴子の旬

 

松島と広島のアナゴの旬を紹介します。

松島のある宮城県沖は世界でも有数の漁場として知られています。

宮城県沖で黒潮と親潮がぶつかりあって、豊かな海の栄養が松島湾に流れ込んでいます。

松島湾の浅い海は、昔から穴子の取れる場所として知られています。

松島での穴子の旬は夏になります。

夏の松島湾で旬の穴子を楽しみませんか。

広島県の宮島近海は、昔から穴子の産地として有名です。

宮島の穴子では広島の郷土料理の「あなご飯」が人気です。

広島に行った記念に「あなご飯」を楽しんでください。

穴子の旬には、穴子本来の味が楽しめる初夏・穴子に脂がのる冬の2回あると言われています。

広島・宮島の穴子の旬は夏です。

広島・宮島の名物の「あなご飯」では、ふっくらと焼き上げた穴子のおいしさが楽しめます。

初夏の厳島神社観光では、旬の穴子を使った郷土料理をおススメします。

次に、姫路の穴子の旬と千葉の穴子の旬を紹介します。

 

姫路と千葉の穴子の旬

 

00030

 

アナゴの旬は2回あります。

初夏の穴子の旬と冬の旬の2回です。

宮城県・松島の穴子の旬と広島・宮島の穴子の旬は夏です。

次に、姫路近くの明石と千葉の穴子の旬を紹介します。

姫路の近くの明石付近は旬を外してもおいしい穴子が食べられます。

明石の「伝助アナゴ」の旬は、脂がのった冬になります。

大型のクロアナゴは一般的なマアナゴよりも脂がのっています。

「伝助アナゴ」の脂を楽しむなら鍋料理がおススメです。

東京湾の入り口の千葉県側にある富津近海でも美味しい穴子が水揚げされます。

比較的浅い海が広がっている豊かな漁場の富津近海の穴子の旬は夏です。

5~7月頃に水揚げされる穴子は肉厚で身が柔らかいのが特徴です。

 

 


PAGE TOP