ほうれん草の栄養素を逃さない茹で方。電子レンジであく抜きできる?

Sponsored Link

ほうれん草の漢字表記は「菠薐草」です。

ほうれん草は、ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属の野菜になります。

ほうれん草は、冷涼な地域や冷涼な季節に栽培されることが多い野菜です。

冷え込むと軟らかくなって味が良くなります。

ほうれん草は野菜の中でも栄養豊富なことで知られています。

ほうれん草を上手に茹でる方法を知っていれば、美味しく栄養摂取ができます。

ほうれん草をレンジで調理する方法を知っていれば役立ちますね。

栄養豊富なほうれん草にはアクがあります。

アク抜きもレンジを使って簡単にできるようです。

栄養豊富なほうれん草を食べて、ポパイのように元気な生活を楽しみませんか。

日本で栽培されているほうれん草には、西洋種と東洋種の2種類があります。

西洋種は、葉が厚く丸みを帯びています。

東洋種は、葉が薄く切り込みが多く根元が赤くなっています。

東洋種は病気や寒さに弱く虫が付きやすいので栽培が難しい欠点があります。

近年は栽培が難しい東洋種は栽培数が少なくなっています。

国内の八百屋さんやスーパーで購入できるほうれん草の大半は西洋種です。

最近は、東洋種の味の良さが見直されつつあります。

 

次に、ほうれん草の栄養成分・ほうれん草の保存方法・ほうれん草の上手な茹でる方法・栄養を逃がさないほうれん草のレンジ調理・栄養豊富なほうれん草のアク抜きをレンジでするなどの紹介をします。

 

ほうれん草の栄養成分

 

pr00389

 

ほうれん草は栄養成分豊富な野菜です。

ほうれん草に含まれている成分では、β―カロテン・ビタミンA・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンC・鉄分・カリウムが知られています。

β―カロテンやビタミンAは、皮膚や髪の健康維持や美肌つくりをサポートします。

ビタミンEは、血行促進効果で肌のツヤを良くします。

ビタミンKは、止血効果や丈夫な骨形成をサポートします。

ビタミンCは、生活習慣病予防に効果があります。

鉄分は貧血や冷え性予防に効果が期待できます。

カリウムは高血圧予防やむくみ改善が期待できます。

ほうれん草のアク成分のシュウ酸には、尿路結石を予防する働きがあります。

次に、ほうれん草の保存方法・ほうれん草の上手な茹でる方法・栄養を逃がさないほうれん草のレンジ調理・栄養豊富なほうれん草のアク抜きをレンジでするなどの紹介をします。

 

ほうれん草の保存方法

 

hourensou_spinach

 

ほうれん草の最適保存温度は0℃です。

気温が低い地域であれば、冬場では常温でも保存できます。

気温が高い地域では、冬場でも冷蔵保存をおススメします。

冷蔵保存や寒冷地での常温保存では乾燥対策が大切です。

湿らせた新聞紙で包んでビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存してください。

野菜室には葉を上にして立てて保存します。

50℃洗いをしてから保存すると長持ちするようです。

冷蔵庫の野菜室での保存期間は約1週間です。

次に、ほうれん草の上手な茹でる方法・栄養を逃がさないほうれん草のレンジ調理・栄養豊富なほうれん草のアク抜きをレンジでするなどの紹介をします。

 

レンジを使ったほうれん草調理

 

ほうれん草を茹でる時間は10分以下が基本です。

栄養豊富なほうれん草の調理ではゆで時間だけでなく、ゆでる前の根元の下ごしらえも大切です。

ほうれん草の下ごしらえでは、根元の泥をキレイに落とすことが大切です。

根元に細かく切り込みを入れれば泥を落としやすくなります。

電子レンジを使うと栄養豊富なほうれん草を簡単に食べられます。

ほうれん草を水洗い(根元の泥もしっかり落として)してラップで包んで、600wで2分加熱します。

ほうれん草はアクが強いので、電子レンジでチンしたらアク抜きのために水にさらします。

電子レンジでチンしたほうが、鍋で茹でるよりも栄養成分を逃しません。


PAGE TOP