青唐辛子の賞味期限、保存方法。冷凍保存できる?醤油漬け方法

Sponsored Link

青唐辛子には多くの品種があります。

伏見甘とうがらし・万願寺とうがらし・獅子唐などもすべて青唐辛子の一種になります。

青唐辛子は赤くなる前に収穫したものになります。

青唐辛子は木になったまま完熟させると真っ赤になります。

青唐辛子は、赤唐辛子になる前の色付く前に収穫したものです。

青唐辛子を選ぶときに迷うのは、辛い品種か辛くない品種かの見分けかたです。

辛い唐辛子と辛く無い唐辛子の見分けは出来ません。

例えば、伏見とうがらしとして売られているものは一般的に辛くない品種が多いのですが、辛いとうがらしも外見は同じなので見分けることが出来ません。

辛い青唐辛子か辛くないかの見分けは、購入する時に表示をよく確かめる必要があります。

青唐辛子の保存方法を知っていれば青唐辛子の賞味期限を延ばせますね。

青唐辛子は醤油漬けにすれば日持ちするのでしょうか。

 

次に、青唐辛子の栄養成分・青唐辛子の保存方法・青唐辛子の賞味期限・青唐辛子の醤油漬けは日持ちする?などの紹介をします。

 

青唐辛子の栄養成分

 

bc63b791cea96f88bd59d3f0fb7306ff

 

 

青唐辛子は赤く色付く前に収穫した唐辛子です。

唐辛子に含まれている注目の栄養成分にはカプサイシン・ビタミンC・β―カロテン・ビタミンEがあります。

カプサイシンは唐辛子に含まれている辛さ成分になります。

カプサイシンを摂取すると、内臓感覚神経に働いてアドレナリンの分泌を活発にします。

カプサイシンには、発汗及び強心作用を促す働きがあります。

唐辛子を食べると体が燃えるような感じがするのはカプサイシンの働きです。

唐辛子の辛み成分には胃腸を刺激して消化液の分泌を促す働きがあります。

食欲増進や消化促進の働きがあるので、食欲が落ちる夏など唐辛子を利かせた辛い物は美味しいですね。

唐辛子に含まれているビタミンCには、風邪の予防・疲労の回復・肌荒れ改善・アンチエイジングに効果があります。

β-カロテンには、抗発ガン作用や免疫賦活作用があります。

β―カロテンは体内でビタミンAに変換されて、髪の健康維持・視力維持・粘膜の健康維持・皮膚の健康維持などに役立ちます。

ビタミンEには強い抗酸化作用があります。

ビタミンEは、動脈硬化・心筋梗塞・生活習慣病の予防の働きがあります。

次に、青唐辛子の保存方法・青唐辛子の賞味期限・青唐辛子の醤油漬け・日持ちする保存方法などの紹介をします。

 

青唐辛子の保存方法

 

aotou_sam

 

生の青唐辛子を選ぶときには、全体がシッカリと色づいて表面に艶があるものにします。

唐辛子の軸の切り口がまだ新しいものが新鮮です。

茶色く変色したり干からびたりしているのは避けます。

青唐辛子の保存方法は要冷蔵です。

生の青唐辛子は、乾燥しないようにビニールやポリ袋に入れて密封して冷蔵庫の野菜室に入れます。

冷蔵保存した青唐辛子の賞味期限は1週間程度です。

青唐唐辛子を購入したら早めに調理や加工をしましょう。

青唐辛子の賞味期限を延ばすには、青唐辛子の醤油漬けがあります。

醤油漬けにすれば日持ちします。

 

青唐辛子の醤油漬け

 

生の青唐辛子の保存方法は冷蔵保存をおススメします。

乾燥しないようにビニール・ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存すれば、青唐辛子の賞味期限を1週間くらいにできます。

青唐辛子を醤油漬けすれば日持ちします。

醤油漬けの作り方は簡単です。

ビニール手袋をして刺激を避けながら青唐辛子を刻みます。

お好みでニンニク・ネギ・青じそなどを加えればオリジナルの調味料になります。

青唐辛子の醤油漬けは、いろいろな料理の味付けや薬味に利用できます。

青唐辛子の醤油漬けの賞味期限は約3ヶ月です。


PAGE TOP