中島菜(なかじまな)の旬な時期、栄養、食べ方、保存方法

Sponsored Link

中島菜は能登伝統野菜です。

中島菜はツケナ類の一種です。

葉に刻みがあるのが中島菜の特徴になります。

塩漬けしても花を咲かせると言われる生命力があります。

旧中島町では明治時代から栽培されていて、旧中島町で食べ継がれてきたツケナ(漬け菜)です。

春先の野菜としておひたしや漬け物として、能登地方の各家庭の食卓で美味しく食べられてきました。

平成18年11月に「なかじま菜」で地域団体商標を取得しています。

 

次に、中島菜の栄養と中島菜の旬・中島菜の選び方と保存・中島菜の味や中島菜のレシピの紹介をします。

 

中島菜の栄養と中島菜の旬

 

中島菜

 

中島菜には緑黄色野菜のβ―カロテン・ビタミン類・ミネラル類などの栄養成分が含まれています。

石川県立大と石川農研の研究で、血圧上昇を抑制する機能性成分が見つけられています。

中島菜には他の野菜より血圧上昇を抑制する機能性成分が多く含んでいることが確認されています。

中島菜には、血圧上昇に作用するペプチドが含まれているようです。

血圧上昇抑制効果が期待できるのは嬉しいですね。

高血圧予防や改善に、血圧の上昇抑制効果が期待できる中島菜を食べませんか。

中島菜は、旧中島町を含む七尾市~中能登町などが主な産地です。

中島菜の収穫は11月頃から始まり春まで続きます。

中島菜の旬は11月下旬~12月中旬と2月中旬~3月下旬頃です。

次に、中島菜の選び方と保存・中島菜の味や中島菜のレシピの紹介をします。

 

中島菜の選び方と保存

 

中島菜の栄養成分を美味しく摂取するには、中島菜の旬の時期をおススメします。

中島菜の選び方は、葉先までみずみずしい緑が濃いものにします。

葉の鮮度が落ちると葉が黄色くなります。

葉柄が曲がっているのは古くなっています。

中島菜は傷みやすい野菜なので常温保存はおススメできません。

中島菜を購入したら、湿らせた新聞紙やキッチンペーパーで包んでビニール袋などに入れて冷蔵保存します。

冷蔵庫の野菜室に、根を下にして立てて保存すれば日持ちします。

冷凍保存する時には下茹でして小分けにして保存します。

長期保存する場合は塩漬けにします。

塩漬けした中島菜を使う時には、塩抜きしてから調理します。

次に、中島菜の味や中島菜のレシピの紹介をします。

 

中島菜の味と中島菜のレシピ

 

588cea6733cd8b9007a47342a7478558

 

美味しい中島菜は栄養成分も豊富です。

中島菜を旬の時期に美味しく食べてください。

中島菜には独特の風味とピリッとした辛みと苦みが特徴です。

古くから食べられているのは塩漬けなどの漬物やお浸しや汁物などです。

炒め物やてんぷらにしても美味しく食べられます。

炒め物をするまえにサッと茹でてから仕上げに加えると綺麗に美味しく仕上がります。

能登野菜を紹介したホームページでは、赤土馬鈴薯の中島菜ピカタ・中島菜入り手作り豆腐の中島菜のレシピが紹介されていました。


PAGE TOP