プチヴェールの旬な時期、栄養、食べ方、保存方法

Sponsored Link

プチヴェールはアブラナの一種の葉野菜です。

平成2年に静岡県の増田採種場で生み出されたキャベツの仲間の野菜です。

芽キャベツとケールを交配させて生み出された新しい野菜になります。

プチヴェールの芽のでかたは芽キャベツと似ています。

本葉の脇にいくつもの芽が出ますが、芽キャベツのように結球しないのが特徴です。

プチヴェールの名前は、フランス語の小さいという意味の「プチ(Petit)」と緑という意味の「ヴェール(Vert)」を合わせてつくられました。

プチヴェールは糖度が高い葉野菜になります。

プチヴェールの糖度は11~13度なので、食べた時に甘味を感じます。

プチヴェールの糖度の高さは、一般的なミカンやイチゴと同じくらいだと言われています。

しかし、プチヴェールを食べた時にミカンやイチゴなどのように甘い味がすることはありません。

上品なほんのりとした甘味の葉野菜なのでとても美味しく食べられます。

 

次に、プチヴェールの旬・プチヴェールの栄養・プチヴェールの食べ方・プチヴェールの選び方と保存方法などの紹介をします。

 

プチヴェールの旬

 

afbe2576f6c60fda8a7e556b2ec0312b_t

 

平成2年に静岡県の増田採種場で生み出だされた、上品な甘みのある美味しい葉野菜は全国各地で栽培が始まっています。

現在では、全国各地で注目されています。

プチヴェールの旬は晩秋から春までになります。

プチヴェールの収穫時期は芽キャベツとほぼ同じです。

収穫は11月下旬頃から始まって3月頃までに終わります。

プチヴェールの旬は芽キャベツの旬の時期と重なっています。

プチヴェールの旬は12~3月頃です。

芽キャベツの旬は12~2月頃です。

次に、プチヴェールの栄養・プチヴェールの食べ方・プチヴェールの選び方や保存方法の紹介をします。

 

プチヴェールの栄養

 

696e7e6ebd68b0c16fa914acb956c2de_t

 

プチヴェールの旬は12~3月頃になります。

プチヴェールに含まれている栄養成分は、β―カロテン・ビタミン類・ミネラル類や食物繊維などです。

β―カロテンはカボチャの3.4倍も含まれているようです。

β―カロテンには、抗発ガン作用・免疫賦活作用があります。

β―カロテンは体内でビタミンAに変換されて、髪・皮膚・粘膜の健康維持・視力維持・呼吸器系統を守る働きをします。

ビタミン類ではビタミンCを豊富に含んでいます。

プチヴェールに含まれているビタミンCは、野菜や果物の中でもトップクラスです。

ビタミンCが多いケールの倍以上含まれているようです。

ミネラル成分も豊富です。

ミネラル類では、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄などが含まれています。

食物繊維も豊富なので、腸内環境の改善に役立ちます。

プチヴェールの食べ方では、サラダ・おひたし・和え物・炒め物をおススメします。

プチヴェールの調理のポイントは下茹ですることです。

サラダにするときも茹でてから使います。

次に、プチヴェールの選び方や保存方法を紹介します。

 

プチヴェールの選び方・保存方法

 

プチヴェールを旬の時期に食べてみませんか、上品な甘みの葉野菜です。

プチヴェールの栄養成分ではβ―カロテン・ビタミンCが豊富です。

プチヴェールの食べ方のポイントは、下茹でをしてからサラダにすることです。

プチヴェールの選び方は、濃い緑の葉で葉先まで少し固さを感じるくらいのハリがあって元気なものがおススメです。

あまり大き過ぎない方が柔らかくて美味しいですね。

育ち過ぎて大きくなったプチヴェールは少し固くなります。

プチヴェールは小ぶりのタイプを選びましょう。

プチヴェールの保存方法では乾燥対策がポイントです。

濡れた新聞紙などで包んでビニール袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室で冷蔵保存します。


PAGE TOP