みょうがの保存方法と栄養、常温、冷蔵、冷凍で保存できる?

Sponsored Link

みょうがの保存方法を知っていれば美味しく食べられます。

冷暗所での常温保存・冷蔵保存・冷凍保存の方法を調べてみませんか。

みょうがはショウガ科の古くから食用として愛されている多年草です。

花穂や花芽の茎を食用にします。

「花みょうが」や「みょうが」と呼ばれるのは花穂になります。

花芽を軟白して薄紅色になったのを「みょうがたけ」と呼んでいます。

みょうがは春季の食材として秋季の食材として愛されています。

「花みょうが」は秋を告げる風味の食材として晩夏から初秋にかけて店頭にならびます。

「みょうがたけ」は春の食材として愛されています。

春季も秋季も愛されている「みょうが」で食卓を華やかにしませんか。

「みょうが」の特徴は独特の香りです。

香辛菜として、そば・そうめん・冷奴などの薬味として使われたり、天ぷらや酢の物の材料として使われます。

子供の頃に読んだ童話で「みょうが」を食べさせて物忘れさせるお話があったように記憶します。

俗説では「みょうが」を食べると物忘れがひどくなるとされていますが栄養成分の中には物忘れ成分はありません。

逆に、香り成分に集中力を増す効果があることが見つけられています。

「みょうが」を食べても物忘れがひどくなることはないので、安心して薬味や食材として愛用してください。

 

次に、みょうがのことや保存方法について紹介します。

 

みょうがの栄養と効果

 

yjimager3t5425e

 

春の「みょうがたけ」や秋の「花みょうが」を楽しみませんか。

みょうがには常温保存・冷蔵保存・冷凍保存などの保存方法があります。

保存方法を知っていれば、香辛菜として、そば・そうめん・冷奴などの薬味として使ったり天ぷらにして美味しく食べられます。

「みょうが」の栄養素ではα―ピネンという精油成分があります。

みょうがの独特の香りの原因はα―ピネンです。

α―ピネンには大脳脂質を刺激する効果があります。

α―ピネンの働きには、胃腸の働きの改善・発汗による熱さまし・眠気さまし・呼吸を整える・血液の循環改善などがあります。

物忘れをひどくすると言われなどの俗説は気にせずに楽しんでください。

 

みょうがの常温保存と冷蔵保存

 

yjimage613q2d8v

 

みょうがの保存方法では冷蔵保存をおススメします。

みょうがはα―ピネン成分を含む香辛菜です、常温保存は向きません。

気温が低い地域であれば冷暗所で常温保存できますが、冷蔵庫があれば野菜室での冷蔵保存をおススメします。

冷蔵保存するときには、キッチンペーパーを湿らせて巻いてラップで包むなどして保存してください。

湿らせたキッチンペーパーで包んでフリーザーパックに入れて保存すれば鮮度を保てます。

湿らせたキッチンペーパーで包んでフリーザーパックに入れて冷蔵保存すれば5日程度は鮮度を保てます。

 

長期の保存

 

みょうがを長期保存する場合の保存方法を紹介します。

長期の冷蔵保存では、タッパーに入れた水に浸けて2~3日おきに水を交換すれば10日程度は賞味期間を延ばせます。

只、水に浸けた冷蔵保存では風味や栄養が損なわれるので早めの消費をおススメします。

食感は損なわれますが冷蔵保存もできます。

冷蔵保存したみょうがは、ベチャっとして食感が損なわれるのでみそ汁などの具材として使用します。

冷凍保存したみょうがは自然解凍します。

食感や風味を考えると冷凍保存は向きません。


PAGE TOP