チューハイとサワーの違い。アルコール度数も違う?

Sponsored Link

チューハイとサワーの違いを知っていますか?

チューハイとサワーの違いを知らないでも、美味しければかまわないという人も多いですが、知っていれば役立つこともあるかもしれません。

チューハイとサワーにはアルコール度数にも違いがあるのでしょうか。

 

次に、チューハイとサワーの違い・チューハイとサワーの度数・チューハイとカクテルとの違いなどの紹介をします。

 

チューハイ

 

f56b9e00f3c7dd13e551b4b064df05fa_t

 

チューハイとサワーの違いを分かるために「チューハイ」の概要を紹介します。

「酎ハイ」とも表記されるチューハイは「焼酎ハイボール」の略称です。

チューハイは、蒸留酒をソフトドリンクで割った低アルコール飲料になります。

本来のチューハイ(焼酎ハイボール)は、甲種焼酎をプレーンな炭酸水で割ったものです。

チューハイについては酒税法上も独立した品目としての規定はありません。

業界団体等の統一基準もありません。

メーカーや飲食店などで、チューハイと呼ばれている酒類に共通する特徴は、

・蒸留酒をベースとしている

・アルコール含有率が低いなどです。

現在では、焼酎ベースの焼酎ハイボール(チューハイ)だけでなく、ジンやウォッカベースのチューハイもあります。

また、炭酸水で割っていないチューハイ(焼酎ハイボール)なども数多く見られます。

現在での「チューハイ」は、広範なアルコール飲料を指しています。

チューハイは居酒屋のメニューとして人気がありましたが、缶入り飲料が発売されてからは家庭内でも広く飲まれるようになっています。

次に、サワーのこと・チューハイとサワーのアルコール度数について・チューハイとカクテルの違いなどの紹介をします。

 

サワー

 

de65f25cbaf4498e092387233c9b48a3_t

 

チューハイとサワーの違いを分かるために「サワー」の概要を紹介します。

チューハイとサワーの違いを見つけるのは難しいようです。

チューハイとサワーを同一としている店舗や、無糖の炭酸水で割ったもののみをチューハイと呼んでいる店舗もあります。

無糖の炭酸水で割ったものをチューハイとしている飲食店では、香料や甘味を含むもので割った低アルコール飲料をサワーと呼んでいるようです。

缶入り飲料などの製品では、商品名に「サワー」の文字と製品種別として「チューハイ」の文字の両方入れたものもあります。

「カルピスサワー」のように定着している製品では「チューハイ」の文字は入っていません。

チューハイとサワーの取り扱いはさまざまであるのが現実です。

チューハイはアルコール含有率が低くおおむね10度未満です。

チューハイとサワーのアルコール度数も同一としても良いのではないでしょうか。

次に、チューハイとカクテルの違いなどの紹介をします。

 

カクテル

 

基本的には、チューハイとサワーには違いなく、チューハイとサワーのアルコール度数も違いはありません。

蒸留酒を無糖の炭酸水で割った低アルコール飲料をチューハイとして、香料や甘味を含む飲料で割った低アルコール飲料をサワーとしている店舗もあります。

次に、チューハイとサワーと似ているカクテルの紹介をします。

カクテルもチューハイと同じく、規定する法令も業界統一基準がありません。

チューハイとカクテルを同じと考えるか、チューハイとカクテルは違う飲み物とするかはメーカーや飲食店次第になります。

カクテルをベースの酒に他の酒やジュースなどを混ぜて作る飲料とすれば、チューハイもサワーもカクテルも同じアルコール飲料になります。


PAGE TOP