厚揚げと油揚げの違い。糖質、栄養価、カロリーも違う?

Sponsored Link

厚揚げと油揚げの違いが分かっていれば美味しい料理つくりに活かせます。

厚揚げは油揚げのように調味しない料理が多いようです。

焼いたり・煮たり・暖めて生姜醤油で食べると美味しいですね。

厚揚げはおでんの種や煮物料理に使われています。

油揚げが入った味噌汁は美味しいですね。

焼いた油揚げを生姜醤油で食べるのも美味しいです。

子供たちは、油揚げを使った稲荷ずしが大好きです。

厚揚げや油揚げのカロリー・糖質や、厚揚げ・油揚げの栄養成分を知っていれば、健康・美容に役立てられそうです。

 

次に、厚揚げと油揚げの違い・厚揚げと油揚げのカロリーや糖質・厚揚げと油揚げの栄養などの紹介をします。

 

厚揚げ

 

f0bb5321f0d765f72aa18b9633edb8cd_t

 

厚揚げと油揚げの違いを分かるために「厚揚げ」の概要を紹介します。 

厚揚げは、豆腐を厚めに切って油で揚げた食品になります。

厚揚げは揚げ豆腐の種類の食品です。油揚げとは違って、厚揚げ内部が豆腐の状態を保つようにして揚げます。

厚揚げは「生揚げ(なまあげ)」とも呼ばれています。

厚揚げを揚げる時に表面のみを油で揚げることで、豆腐の食感を残したまま香ばしさを楽しめます。

表面を油で揚げていることで煮物などでの味の染み込みも良くなっています。

厚揚げの作り方を紹介します。

・シッカリ水を切った豆腐を半丁程度に切ります

・切った豆腐を180~200℃の高温の油で揚げます

・豆腐の表面が濃いきつね色になったら油から上げます。

厚揚げの作り方では、「生揚げ」の名の通りに十分に揚げないまま中身を生豆腐の状態に保つのがポイントです。

絹ごし豆腐を使った厚揚げは「絹厚揚げ」と呼ばれています。

「絹厚揚げ」は、通常の厚揚げ(生揚げ)よりも柔らかく食感がなめらかになっています。

次に、油揚げのこと・厚揚げと油揚げのカロリーや糖質・厚揚げや油揚げの栄養成分などの紹介をします。

 

油揚げ

 

aburaage002

 

厚揚げと油揚げの違いを分かるために「油揚げ」の概要を紹介します。

油揚げは、薄切りにした豆腐を油で揚げた食品になります。

油揚げは、厚揚げ(生揚げ)とは異なり、薄切りの豆腐を使用するので内部まで揚がっています。

油揚げは、「稲荷揚げ」・「狐揚げ」・「寿司あげ」などと呼ばれることもあります。

厚揚げに対して「薄揚げ」と呼ぶ地域もあるようです。

次に、厚揚げと油揚げのカロリーや糖質・厚揚げや油揚げの栄養などの紹介をします。

 

厚揚げや油揚げのカロリー・糖質・栄養

 

厚揚げと油揚げの違いは、外側だけが揚げられている生揚げか、内部まで揚がっているかの違いになります。

厚揚げのカロリーは100g当たり150Kcalです。

油揚げのカロリーは100g当たり386Kcalです。

厚揚げと油揚げの糖質量は少ないので、糖質制限のダイエットをしている女性におススメの食品です。

厚揚げの栄養成分は、タンパク質・脂質・ビタミンK・ミネラル類のカルシウムや鉄分が多く含まれています。

鉄分は3倍・カルシウムは2倍・タンパク質は5倍・葉酸は2倍も豆腐より含まれています。

油揚げの栄養成分では、ビタミンKやミネラル類のカルシウム・亜鉛が豊富に含まれています。


PAGE TOP