赤ネギの味、栄養、旬の時期、保存方法、食べ方。生でも食べられる?

Sponsored Link

赤ネギを食べたことがありますか。

赤ネギはネギの種類になります。

ネギの漢字表記は「葱」です。

葱(ネギ)の原産地は、中国西部・中央アジアになります。

東アジアでは食用に栽培されている野菜です。

ネギの古名は、「冬葱」・「比止毛之」・「祢木」などです。

ネギの別名の「ひともじぐさ」は「き」の一文字で表されるからと言われています。

枝分れした形が「人」の字に似ているからとも言われています。

ネギの花は坊主頭や擬宝珠を連想させるため「葱坊主」(ねぎぼうず)や「擬宝珠」(ぎぼし)と呼ばれています。

赤ネギは山形県庄内地方の伝統野菜になります。

赤ネギの栄養・選び方・保存方法などを知っていれば役立ちますね。

赤ネギの味や赤ネギの旬の時期も気になります。

 

次に、赤ネギのこと・選び方・保存方法・赤ネギの栄養・赤ネギの味・赤ネギの旬などを紹介します。

 

赤ネギ

 

130293db4e88579e837f462cd7a5070d_t

 

山形県庄内地方では「平田赤ねぎ」として親しまれています。

山形県庄内地方の赤ネギは、根もとから分結せず太い一本のネギになります。

「平田赤ねぎ」通称赤ネギは、栽培期間が1年半と長く、曲がって大きくなるネギの品種になります。

赤ネギの在来品種は茨城県水戸地方にもあります。

山形県や茨城県だけでなく他の地方でも、品種改良された赤ネギが作られています。

他の地方で作られている赤ネギの数は少ないようです。

赤ネギの特徴は、普通は白い部分が赤いことです。

赤いのは表面だけですが、スライスしたり白髪ねぎを作るととてもキレイです。

次に、赤ネギの選び方・保存方法・赤ネギの栄養・赤ネギの味・赤ネギの旬などを紹介します。

 

赤ネギの選び方と保存方法

 

20170330170133

 

赤ネギを選ぶポイントは赤い部分が締まっていて弾力があることです。

赤ネギを持った時に弾力があって重みを感じるものを選びます。

持った時に柔らかい物や軽いものは古く乾いていることがあります。

古くてスカスカしたものは美味しくないので、重みと弾力性が選ぶポイントです。

葉先までピンと尖っていて鮮やかな緑色のものを選んでください。

スーパーや八百屋さんで赤ネギを購入したら新鮮なうちに調理して食べるのが美味しいです。

赤ネギを保存する時には冷蔵保存にします。

乾燥しないように濡れた新聞紙やペーパータオルで包んでビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。

次に、赤ネギの栄養・赤ネギの味・赤ネギの旬などを紹介します。

 

赤ネギの栄養と旬

 

赤ネギは乾燥しないようにして冷蔵庫の野菜室に保存してください。

赤ネギの味は普通のネギと変わりません。

ネギには硫化アリルが含まれています。

硫化アリルはビタミンB1の吸収を助ける働きがあります。

硫化アリルには血行をよくして疲労物質の乳酸を分解する作用もあります。

ネギは肩こりや疲労回復に効果が期待できます。

赤ネギの旬は10月~12月頃になります。

最も出荷が多いのは11月頃です。


PAGE TOP