ルビーチョコレートは他のチョコと何が違う?味、見た目、購入方法

Sponsored Link

ルビーチョコレートを食べたことありますか。

ルビーチョコレートは、第4のチョコレートとも言われて注目されています。

ルビーチョコレートの味のポイントは酸味のようです。

気になるルビーチョコレートの購入方法が分かれば食べてみたいですね。

普通のチョコレートとルビーチョコレートの違いも気になります。

チョコレートの英語表記は「chocolate」になります。

ショコラやチョコと呼ばれることもあります。

チョコレートはカカオマスを主原料としたお菓子です。

カカオマスは、カカオの種子を発酵・焙煎してつくります。

カカオマスを主原料にして、砂糖・ココアバター・粉乳などを混ぜて練り固めた食品がチョコレートになります。

近年の工業生産チョコレートには、カカオマス・砂糖・ココアバター・粉乳などの主要材料に、乳化剤や香料や甘味料など様々な添加物が配合されることも多いようです。

 

次に、チョコレートのこと・ルビーチョコレートの味・ルビーチョコレートを購入するには・ルビーチョコレートとチョコレートの違いなどの紹介をします。

 

チョコレート

 

171024-Ruby-Featured-Image-final

 

「chocolate(チョコレート)」の語源は、ナワトル語のチョコラトルが由来とされていますが明確には分かっていません。

固形チョコレートが考案されたのはイギリスです。

イギリス人が固形のチョコレートを考案するまでは、チョコレートといえば飲み物を意味していたようです。

米国で「ホット・チョコレート」という飲み物は日本では「ホット・ココア」になります。

日本では、ココア粉末を使用したものをココアと呼び、生チョコレートの水分を多くしたものをチョコレートドリンクと呼び分けているようです。

チョコレート飲料の名称についての厳密な定義はありません。

チョコレートは、日本では「不当景品類及び不当表示防止法第10条第1項」の規定に基づいて定められています。

チョコレートのカカオ分は「カカオ脂肪分」(ココアバター)と「非脂肪カカオ分」を合計したものになります。

カカオマス特有の褐色や風味や薬効成分(ポリフェノール・テオブロミン・カフェインなど)は「非脂肪カカオ分」に含まれています。

ホワイトチョコレートにはほとんどポリフェノールは含まれていません。

健康のためチョコレートを摂るのであれば、「非脂肪カカオ分」が高い製品にしたほうが良くなります。

次に、ルビーチョコレートの味・ルビーチョコレートを購入するには・ルビーチョコレートとチョコレートの違いなどの紹介をします。

 

ルビーチョコレートの味

 

d17643-283-654666-0

 

ルビーチョコレートは第4のチョコレートと呼ばれています。

ホワイトチョコレート・ダークチョコレート・ミルクチョコレートに次いで、ルビーチョコレートは第4のチョコレートと呼ばれて注目を集めています。

ルビーチョコレートは、スイスのチョコレートメーカーが10年以上の歳月をかけて開発したとされています。

ルビーチョコレートは着色料を使わないのにピンク色をしています。

ルビーチョコレートを美味しいと感じる人は、酸味のあるチョコが好きな人のようです。

ルビーチョコレートは、イチゴやラズベリーのような酸味がありホワイトチョコのような甘味があります。

ルビーチョコレートは希少なチョコレートなので以前は購入する場所が限られていました。

現在はルビーチョコレートを使った商品があります。

「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」などです。

ローソンのプレミアム ルビーチョコレートのロールケーキもありました。

これからもルビーチョコレートを使った美味しい商品が店頭に並ぶのではないでしょうか。

次に、チョコレートとルビーチョコレートの違いを紹介します。

 

チョコレートとルビーチョコレートの違い

 

ルビーチョコレートの特徴は酸味とホワイトチョコレートのような甘味です。

一般的なチョコレートの風味が好きな人は苦手かもしれません。

一般的なチョコレートには、純チョコレート・純ミルクチョコレート・ミルクチョコレート・準チョコレート・準ミルクチョコレートなど様々な種類があります。

ルビーチョコレートとチョコレートを食べ比べてみませんか。

 


PAGE TOP