生卵とゆで卵で栄養に違いはある?簡単な見分け方とゆで卵の賞味期限

Sponsored Link

生卵とゆで卵ではどちらの方が賞味期限が長いのでしょうか。

賞味期限の長さだけでなく、生卵とゆで卵では栄養成分が変わってくるのかも気になります。

生卵とゆで卵の見分け方を知っていれば、失敗を防げますね。

 

次に、鶏卵のこと・生卵とゆで卵のこと・生卵とゆで卵の賞味期限・生卵とゆで卵の栄養成分・生卵とゆで卵の見分け方などの紹介をします。

 

鶏卵

 

publicdomainq-0003397grj

 

生卵とゆで卵のこと・生卵とゆで卵の賞味期限・生卵とゆで卵の栄養成分などを分かるために鶏卵の概要を紹介します。

生卵やゆで卵で美味しく食べられているのは、ニワトリの卵の鶏卵(けいらん)です。

生の卵を溶いたものは「溶き卵」と呼ばれます。

「たまご」の漢字表記には「卵」だけでなく「玉子」もあります。

生物学的な意味の「たまご」の漢字表記は「卵」で、食材としての「たまご」の漢字表記は「玉子」というように区別されるのが普通です。

現在は、生のものを「卵」・調理されたものを「玉子」と、使い分けされることが多いようです。

鶏卵はバランスよく栄養成分を含んでいる完全栄養食品です。

良質な動物性タンパク質を豊富に含むほか、ビタミン類のビタミンA・ビタミンD・ビタミンEやミネラル類のリン・鉄・亜鉛・銅やアミノ酸類も含まれています。

鶏卵は世界的にも動物性のタンパク質の摂取源として一般的な食材になっています。

鶏卵に不足している栄養成分は、ビタミンC・食物繊維・カルシウム程度だとされています。

次に、生卵とゆで卵のこと・生卵とゆで卵の賞味期限・生卵とゆで卵の栄養成分・生卵とゆで卵の見分け方などの紹介をします。

 

生卵とゆで卵

 

publicdomainq-0003399sue

 

生卵とゆで卵のこと・生卵とゆで卵の賞味期限・生卵とゆで卵の栄養成分の紹介をします。

加熱処理されていない鶏卵を生卵と呼びます。

生卵を溶くと「溶き卵」になります。

鶏卵をお湯で茹でると「ゆで卵」になります。

生卵は洗わなければ常温で50日程度は持つとされています。

購入した生卵を洗うと日持ちしなくなるので注意が必要です。

生卵を茹でて「ゆで卵」にすれば日持ちしないのでスグに食べてください。

生卵とゆで卵の賞味期限を比べると生卵が長期間日持ちすることが分かります。

生卵とゆで卵の基本的な栄養成分には変化がありませんが、生卵のまま食べればビタミンB群の減少を防げます。

ゆで卵でも、半熟にすれば栄養成分の体内吸収率が高まるようです。

次に、生卵とゆで卵の見分け方などの紹介をします。

 

生卵とゆで卵の見分け方

 

生卵とゆで卵の賞味期限の長さでは、生卵の方が長期保存できます。

生卵よりも半熟のゆで卵の方が栄養成分の吸収率が高まるようです。

生卵とゆで卵の見分け方では3つの方法が一般的です。

・卵を回す方法

・卵の殻を注視する方法

・卵を照明にかざす方法です。

生卵とゆで卵を見分ける方法を知っていれば、お店で出されたときに迷わなくてもすみます。

卵をテーブルなどで回してください、生卵はうまく回りません。

生卵とゆで卵の殻を注視してください、殻がキレイなほうがゆで卵です。

照明にかざして透けて見えるのは生卵になります。

ゆで卵は透かして見えません。


PAGE TOP