イチゴの保存方法と栄養 常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

イチゴの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存などがあります。

イチゴは栄養価の高い美味しい果物です。

正しい保存方法を知っていれば美味しいイチゴを食べられます。

イチゴの栄養成分は、美肌・美白・精神安定・疲労回復・便秘改善・ダイエット・虫歯予防などに効果があるとされています。

イチゴに含まれている美肌・美白に効果がある成分はビタミンCです。

イチゴ100gには60mg~100mgのビタミンCが含まれています。

ビタミンCの含有量は果物の中でもトップクラスです。

ビタミンC豊富なレモンよりも多いとされています。

普通サイズのイチゴ8個で約100gです。

成人が必要なビタミンCは大きめのイチゴ8個程度で摂取できます。

イチゴに含まれている豊富なビタミンCは、メラニン色素の生成を抑制しコラーゲン生成を助けます。

美肌・美白にはビタミンC豊富なイチゴですね。

イチゴにはポリフェノール(アントシアニン)も含まれています。

ビタミンCとポリフェノール(アントシアニン)がメラニン生成を抑制して美白に導きます。

イチゴに含まれているビタミンCは精神安定・疲労回復にも役立ちます。

次に、美味しいイチゴの常温保存・冷蔵保存・冷凍保存などの保存方法を紹介します。

 

イチゴで便秘改善・ダイエット

 

IMG_1149(2)

 

イチゴの保存方法を知っていれば、美肌・美白だけでなく便秘改善・ダイエットなどにも役立てられます。

イチゴには食物繊維の一種のペクチンが豊富に含まれています。

ペクチンは便秘の悩み改善に役立ちます。

ペクチンが腸内でコレステロールの吸収抑制や善玉菌を増やす働きをします。

腸内環境を改善するイチゴは低カロリーなのでダイエット中のおやつとしておススメします。

 

イチゴの常温での保存方法

 

07_ichigonohozonhou

 

イチゴの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存があります。

イチゴは鮮度が落ちやすい果物です。

イチゴの常温での賞味期限は約6時間です。

スーパーや果物店で購入したら直射日光が当たらない冷暗所に仮置きして美味しいうちに食べてください。

冷暗所に置くときにはパックから出して、洗わないでヘタを下にして皿に並べて保存します。

外気温が低くても数時間しか保存できないので、美味しいうちにスグ食べるか冷蔵・冷凍保存をしてください。

 

イチゴの冷蔵・冷凍保存

 

イチゴの冷蔵保存・冷凍保存などの保存方法を紹介します。

スーパーや果物店で購入したイチゴが新鮮であれば、冷蔵保存で1週間程度は賞味期限を延ばせます。

冷蔵保存するときには、パックから出してヘタを下にしてタッパーなどに入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

冷蔵保存での注意点は洗わないことです。

イチゴを洗うと水分がついたところから腐敗が始まります。

イチゴは冷凍保存すればジャムやピューレにして食べられます。

イチゴの冷凍保存期間は1ヶ月程度です。

冷凍イチゴは生でも美味しいですが食感は落ちます。


PAGE TOP