ヒハツ、ヒハツモドキの効果、料理、おすすめの使い方

Sponsored Link

ヒハツの効果が注目されています。

ヒハツを使った美味しい料理が作れれば美容と健康に役立ちそうです。

ヒハツの漢字表記は「畢撥」です。

ヒハツは、コショウ科のツル性木質植物になります。

ヒハツの果実はコショウに似た風味があります。

ヒハツの果実は乾燥させてスパイスや調味料として利用されます。

果実はコショウと似ていますがコショウより刺激的な風味があります。

果実に含まれているアルカロイドの一種のピペリンが刺激性の原因の一つです。

コショウと同じくスパイスとして利用されています。

コショウを意味する英語表記の「pepper」は、サンスクリット語でヒハツを表す「pippali」に由来しています。

英語表記で「long pepper」と呼ばれる植物には同属のヒハツモドキもあります。

ヒハツモドキのことを、沖縄県では「ピパーチ」等の名で利用されています。

 

次に、ヒハツの効果・ヒハツを使った料理・ヒハツの副作用は?などの紹介をします。

 

ヒハツの効果

 

hihastu

 

「ヒハツ」の別名には、「ロングペッパー」・「ナガコショウ」などがあります。

ヒハツは東南アジアに生息する「コショウ科蔓(つる)性・木質植物」です。

果実を乾燥させたスパイスが注目されています。

ヒハツは、「胡椒(ブラックペッパー)」とは異なる風味のスパイスとして親しまれています。

ヒハツの効果・効能には、冷え性改善・新陳代謝アップ・肌荒れ改善・美肌・肥満予防・ダイエット・高血圧改善・ゴースト血管改善・抜け毛改善・育毛・発毛などがあります。

ヒハツに含まれている「ピペリン」という成分には血管を拡張して血流をよくする働きがあります。

血流が改善されればカラダの隅々まで栄養成分が運ばれて冷え性が改善されます。

「ピペリン」には高血圧改善効果も期待できます。

太りすぎ・食べ過ぎ・運動不足を原因としたゴースト血管が問題になっています。

ゴースト血管とは毛細血管がきえかかることです。

ヒハツには「タイツ―」というゴースト血管を改善する成分も含まれています。

ヒハツに含まれる「ピペリン」で毛細血管が修復されて血流が改善すれば、抜け毛が改善されます。

育毛・発毛効果が期待できます。

次に、ヒハツを使った料理・ヒハツの副作用などの紹介をします。

 

ヒハツを使った料理

 

91+RuKeZyfL__SX522_

 

ヒハツに含まれている「ピペリン」の効果・効能は、冷え性改善・新陳代謝アップ・肌荒れ改善・美肌・肥満予防・ダイエット・高血圧改善・ゴースト血管改善・抜け毛改善・育毛・発毛などです。

ヒハツを使った料理を食べて、美容と健康アップしませんか。

劣った毛細血管を改善すれば見た目年齢を若くすることができるそうです。

ヒハツは胡椒(こしょう)のように使うスパイスなので、

・焼きそば・キノコ炒め・鶏の胸肉蒸し・スライス玉ねぎ・鶏のむね肉と野菜のピリ辛炒めなどで楽しめます。

 

ヒハツの副作用

 

ヒハツには効果的な摂取量があります。

ヒハツに含まれている「ピペリン」が90μg以上になる摂取量を確保すれば効果が期待できるとされています。

ヒハツには血流促進効果があります。

「冷え性」・「高血圧」・「毛細血管改善」などの効果・効能が期待できます。

ヒハツを過剰摂取をすると、充血(目)・頭痛等の「副作用」が発症する可能性もあります。

ヒハツを料理で使う程度であれば、摂取量に神経質になる必要はありません。

ヒハツを主成分にしたサプリメントを利用する場合は、各商品の「摂取量」を遵守することが大切です。


PAGE TOP