小松菜の食べ過ぎで下痢、頭痛の症状はアレルギー?

Sponsored Link

小松菜とアレルギーの関係を心配している人も多いようです。

食物アレルギーの心配だけでなく、小松菜の食べ過ぎには注意が必要ですね。

食べ過ぎて下痢などしないように小松菜の食べ過ぎには気を付けてください。

小松菜だけでなく、野菜を食べて食物アレルギーの腹痛・胃痛・頭痛を起こす人もいます。

食物アレルギーが心配になると、小松菜を赤ちゃんに与えても良いのかも気になります。

小松菜(コマツナ)はアブラナ科の野菜です。

小松菜は冬菜(フユナ)・鶯菜(ウグイスナ)などとも呼ばれます。

小松菜は関東地方では古くから親しまれていた野菜です。

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県といった首都圏で親しまれています。

現在では日本各地の大都市近郊(大阪府・兵庫県・愛知県・福岡県)でも食べられています。

小松菜は冬が旬ですが、近年は周年栽培されています。

小松菜は霜や強い冷え込みで葉が凍っても枯れることはない耐寒性に強い野菜です。

小松菜は緑黄色野菜の中でも栄養価の高く、カルシウム・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・鉄・イソチオシアネート・食物繊維などの栄養成分を豊富に含んでいます。

カルシウムが豊富なので、カルシウムによる抗ストレス効果や骨粗鬆症を予防におススメの緑黄色野菜です。

カルシウムが必要な、子供・妊婦・高齢者におススメの緑黄色野菜です。

 

次に、小松菜のアレルギー症状・小松菜による下痢・小松菜による頭痛・小松菜は赤ちゃんに食べさせても良いの?などの紹介をします。

 

小松菜とアレルギー

 

f56m_1151

 

栄養豊富な小松菜は子供・妊婦・高齢者だけでなく多くの人におススメの緑黄色野菜ですが、食物アレルギーの心配がある人は様子を見ながら食べてください。

小松菜を食べたときに、スグに唇や口の中や喉の粘膜が腫れたり痒みがあれば食物アレルギーの疑いがあります。

小松菜で食物アレルギーを起こして消化器系が弱ると下痢を引き起こすこともあります。

小松菜を食べて、腹痛・胃痛・頭痛を引き起こすこともあります。

家族に食物アレルギーを発症する人がいる場合は、小松菜を赤ちゃんに与えるのは控えた方が良さそうです。

 

豊富な栄養成分

 

小松菜は食物アレルギーの心配が少ない栄養成分豊富な緑黄色野菜です。

小松菜を食べて下痢をする人や、小松菜を食べて腹痛・胃痛・頭痛を引き起こす人にはおススメできませんが、小松菜には赤ちゃんの成長にも必要な栄養成分を豊富に含んでいるので工夫して食べさせたいですね。

小松菜に豊富に含まれているカルシウムには歯や骨を丈夫にするだけでなく抗ストレス効果もあります。

子供・妊婦・高齢者のカルシウム補給におススメの緑黄色野菜です。

小松菜にはビタミンA・C・Eやβカロテンや鉄分も豊富なので美肌効果も期待できます。

豊富な食物繊維は、整腸を促して血糖値の上昇の抑制や大腸癌・糖尿病の予防に役立ちます。

 

小松菜と赤ちゃん

 

1374cdec808cfc8fd79c3e73be53085f_t

 

小松菜は栄養豊富な緑黄色野菜なので赤ちゃんにもおススメですね。

小松菜を赤ちゃんの離乳食として与えてよい時期は、育児本・離乳食サイトの紹介では生後5~6ヶ月頃からでした。

小松菜にも食物アレルギーの可能性がありますが、政府が発表している「アレルギーになりやすい食品一覧」の中には入っていません。

小松菜は比較的食物アレルギーが少ない緑黄色野菜だと考えられます。

ほうれん草よりも小松菜の方が「アク」が少ないため、離乳食にするときにも調理の手間も少なくて済むというメリットがあります。

食物アレルギーの心配がある人は、赤ちゃんに小松菜を食べさせてみて体調への変化を観察してください。

変化が見られた場合は食事を中断してアレルギー検査などをしながら様子を見ましょう。


PAGE TOP