雑穀米の栄養と効果。玄米との違い

Sponsored Link

雑穀米には栄養成分が豊富に含まれています。

美味しい雑穀米の炊き方を知っていれば毎日が楽しくなります。

雑穀米と玄米の違いが良く分からない人もいるようです。

 

次に、雑穀米の栄養成分・雑穀米の美味しい炊き方・雑穀米と玄米の違いなどの紹介をします。

 

雑穀米の栄養成分

 

030191_block02_04

 

雑穀米の栄養成分を紹介します。

雑穀米は白米に玄米・粟(アワ)・黍(キビ)・アマランサス・もちむぎ・いりごま・押し麦などの穀物を混ぜ込んだものになります。

雑穀米に混ぜ込まれた穀物の種類によって栄養成分は違います。

栄養成分を白米と比較するとタンパク質・脂質・食物繊維が豊富です。

タンパク質量を白米と比較すると、五穀米には白米の約4倍のタンパク質が含まれています。

脂質量を比較すると雑穀米には白米の約3倍の量が含まれています。

食物繊維の量も白米よりも多く含まれています。

次に、雑穀米の炊き方や雑穀米と玄米の違いなどを紹介します。

 

雑穀米の美味しい炊き方

 

E255SFZAK

 

雑穀米に含まれている栄養成分は、白米に混ぜ込まれた玄米・粟(アワ)・黍(キビ)・アマランサス・もちむぎ・いりごま・押し麦などの穀物の種類と量で違います。

次に雑穀米の炊き方を紹介します。

ステップ1・白米を研いで炊飯器に移します。

ステップ2・炊く分量のメモリまで水を入れます。

ステップ3・雑穀を入れて軽くかき混ぜます。

ステップ4・夏場は約30分・冬場は1~2時間程経過してから炊飯をすると美味しく炊けるようです。

雑穀の種類と量によって、水の量や浸水時間も変わるのでお好みで調整してください。

次に、雑穀米・玄米の違いを紹介します。

 

雑穀米と玄米の違い

 

雑穀米の栄養成分は、白米に混ぜ込まれた玄米・粟(アワ)・黍(キビ)・アマランサス・もちむぎ・いりごま・押し麦などの穀物の種類と量で変わります。

雑穀米の美味しい炊き方のポイントは水の量と浸水時間です。

雑穀米と玄米の違いを知るために雑穀米と玄米の概要を紹介します。

雑穀米は白米に他の穀物を混ぜ込んだものになります。

白米に混ぜる穀物には、玄米・粟(アワ)・黍(キビ)・アマランサス・もちむぎ・いりごま・押し麦などがあります。

雑穀米は白米よりも噛みごたえのある穀物が混ぜ込んであるので噛む回数が増えます。

雑穀米を食べると噛む回数が増えるので、顎の発達や唾液の分泌を促す効果があります。

白米に比べて鉄分・カルシウムなどのミネラル類や食物繊維が多く含まれているので健康アップにも役立ちます。

玄米は、籾(もみ)米から籾殻のみを除いた精白していない米になります。

白米に対して色・光沢から「黒米(くろごめ)」とよばれました。

この黒に相当する字が「玄」になります。

玄米100gの、タンパク質(6.8g)・脂質(2.7g)・無機質(650mg)・ビタミンB1(0.41mg)・食物繊維(3g)の含量が白米より多くなっています。

 


PAGE TOP