玉ねぎと食べ合わせが良い食べ物と効果

Sponsored Link

玉ねぎの漢字表記は「玉葱」です。

ネギ属の多年草の玉ねぎは、球根(鱗茎)を野菜として食べます。

玉ねぎの原産地は中央アジアとされています。

玉ねぎの栽培の歴史は古くて、紀元前のエジプト王朝時代には労働者に配給されていたようです。

ヨーロッパの地中海沿岸に伝わった玉ねぎは、辛玉ねぎと甘玉ねぎに分かれていきます。

バルカン半島諸国やルーマニアなどの東ヨーロッパでは辛味の強い辛タマネギ群が作られました。

イタリア・フランス・スペインなどの南ヨーロッパでは辛味の少ない甘タマネギ群が作られました。

日本に玉ねぎが伝わったのは江戸時代になります。

江戸時代に長崎に伝わった玉ねぎは観賞用とされていました。

食用になるのは明治時代になってからです。

現在では、日本の食卓ではジャガイモ・キャベツ・茄子・大根などと共に必須の野菜になっています。

 

次に、玉ねぎのこと・玉ねぎと食べ合わせが良い食材・玉ねぎの栄養成分などの紹介をします。

 

玉ねぎのこと

 

lgf01a201312280900

 

玉ねぎは収穫後に、表皮を乾燥させれば長期保存が可能な野菜です。

常温でも数ヶ月は保存が可能な野菜なので多くの家庭で食べられています。

玉ねぎはアレルギー物質を含む食品にも指定されていない、美味しい安心食材です。

強い辛味・香味がありますが生のタマネギはイチゴ位の甘みを持っています。

糖度が高い野菜ですが、辛さが強いため辛く感じます。

辛味は加熱すると無くなり甘みが出てきます。

一般家庭で食べられている主な玉ねぎは「イエローオニオン」になります。

玉ねぎは多くの料理に使われています。

主な料理には、サラダ・カレー・シチュー・肉じゃがなどがあります。

 

玉ねぎと食べ合わせが良い食材

 

20120316135525022

 

玉ねぎと食べ合わせが良い食材がたくさんあります。

玉ねぎと食べ合わせることで、

・肥満予防・美肌つくり・アンチエイジング・疲労回復

・ストレス対策・不眠軽減などがあります。

玉ねぎと、ごぼう・大根・ニンジンの食べ合わせは肥満予防が期待できます。

玉ねぎと、カボチャ・ワサビ・サンマの食べ合わせは美肌つくりが期待できます。

玉ねぎと、豚肉・レバー・かつお・大豆の食べ合わせは疲労回復が期待できます。

玉ねぎと、オクラ・ピーマン・ホタテの食べ合わせはストレス対策が期待できます。

玉ねぎと、レタス・トマト・セロリの食べ合わせは不眠軽減が期待できます。

 

玉ねぎの栄養成分

 

玉ねぎと食べ合わせの良い食材はたくさんあります。

美味しい玉ねぎと食べ合わせが良い食材を組み合わせると健康・美人料理が出来上がります。

玉ねぎの期待の栄養成分には、アリシン・硫化プロピル・ケルセチン・不溶性食物繊維・水溶性食物繊維などがあります。

アリシンはビタミンB1と結びついて有効成分のアリチアミンになります。

アリチアミンには疲労回復効果があります。

硫化プロピルは血液サラサラ作用が期待できます。

血液サラサラ効果で血流改善すれば、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞予防ができます。

ケルセチンはアンチエイジングや生活習慣病予防が期待できます。

食物繊維は腸内環境の改善に役立ちます。


PAGE TOP