みかんと食べ合わせが良い食べ物と効果

Sponsored Link

「みかん」とは一般的にはウンシュウミカンのことです。

ウンシュウミカンの漢字表記は「温州蜜柑」になります。

みかん(ウンシュウミカン)は、ミカン科の常緑低木の果実です。

みかん(ウンシュウミカン)に多くの栽培品種がある日本人に人気の果物です。

 

次に、みかんのこと・みかんとの食べ合わせが良い食材・みかんの栄養成分などの紹介をします。

 

みかん

 

koiaji081102

 

みかん(ウンシュウミカン)は日本人に人気の果物です。

最近まで日本で最も消費量の多い果実でしたが近年はバナナやリンゴに抜かれたようです。

総務省の家計調査では一世帯あたりの消費量でバナナとリンゴに抜かれて、日本で3番目に消費量が多い果物になっています。

みかん(ウンシュウミカン)の生産量が多い県は、和歌山県・愛媛県・静岡県がトップクラスです。

次に生産量が多い県は熊本県・長崎県などになります。

意外ですが、東京都・埼玉県・新潟県・福井県・沖縄県でもウンシュウミカンが栽培されています。

みかん(ウンシュウミカン)のブランドでは、

和歌山県の「有田みかん」・「下津みかん」・「紀南みかん」や

愛媛県の「宇和みかん」・「明浜みかん」・「興居島みかん」・「中島みかん」などが有名です。

みかんと食べ合わせが良い果物もあります。

デザートで食べれば健康・美容に役立ちそうです。

 

みかんとの食べ合わせが良い食材

 

278f66c6a681073a7a1dcc2384147e02_t

 

みかんとの食べ合わせが良い食材と組み合わせることで、風邪予防・免疫力アップ・高血圧予防・コレステロール低下・ガン予防・胃腸強化・便秘改善などが期待されます。

ネギ・生姜・シソ・かぼちゃと「みかん」を食べ合わせることで風邪予防や免疫力強化などの良い効果が期待できます。

バナナ・パイナップル・スイカと「みかん」を食べ合わせることで、高血圧予防やコレステロール低下などの良い効果が期待できます。

ヨーグルト・マンゴー・ブロッコリーと「みかん」を食べ合わせることでガン予防などの良い効果が期待できます。

イチゴ・リンゴ・アスパラガス・セロリと「みかん」を組み合わせることで胃腸強化・便秘改善などの良い効果が期待できます。

 

みかんの栄養成分

 

みかん(ウンシュウミカン)には豊富なビタミン類やミネラル類が含まれています。

ダイエット熱が高まるにつれてみかんなどの果物の果糖に注目が集まっていますが、みかん1個のカロリーはショートケーキの約10%です。

デザートでショートケーキ1個食べるよりも、みかんを食べるほうが摂取カロリーを抑えられます。

100g当たりのみかんのカロリーは約45カロリーです。

みかんに含まれている栄養成分はビタミンン類・ミネラル類・有機酸・ポリフェノール・有効成分などです。

・ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE

・カリウム等のミネラル類・フラボノイド化合物・ヘスペリジン

・オーラプテン・シネフリン・テルペノイド・ナリンジン・β―カロテン

・β―クリプトキサンチン・ペクチン・ノミリン・リモネンなどが含まれています。

ビタミン類は美容と健康には欠かせない成分です。

β―カロテンが皮膚や粘膜を保護します。

クエン酸が疲労原因物質を抑制します。

β―クリプトキサンチンがガンや老化現物質の活性酸素を抑えます。


PAGE TOP