グリーンピースの栄養価、食べ方、保存方法。冷凍はできる?

Sponsored Link

グリーンピースは、マメ科の野菜エンドウの未熟の種子になります。

グリーンピースは青実用エンドウ・アオエンドウ(青豌豆)・ミエンドウとも呼ばれます。

グリーンピースの旬は晩春から初夏になります。

グリーピースは生豆として出荷されるものもありますが多くは缶詰と冷凍品に加工されています。

肉料理の付け合せやスープや豆ごはんなどに利用されています。

緑色の色彩が鮮やかなため、かつ丼・チキンライス・オムライス・カレーライス・焼売などいろいろな料理の彩りに多用されています。

アスパラガスの漢字表記は「竜髭菜」です。

アスパラガスは、被子植物の中の単子葉植物に属する多年生草本植物になります。

アスパラガスの葉のように見えるものは実際は極端にほそく細かく分枝した茎です。

アスパラガスでは、本来の葉は鱗片状に退化しています。

アスパラガスを日本で最初に栽培・生産を行った人は、北海道岩内町の下田喜久三(農学博士)です。

アスパラガスは、本州中部では4月下旬頃から6月にかけて若芽が成長します。

低温期は1日1回・高温期は1日2回収穫します。

長さが25cm程度に伸びた柔らかいアスパラガスの茎を食用にします。

軟白栽培した白いものをホワイトアスパラガス(白アスパラ)・緑色のものはグリーンアスパラガスといいます。

アスパラガスは家庭菜園でも容易に栽培可能できます。

アスパラガスの主要産地は北海道・佐賀県・長野県になります。

日本各地で露地栽培またはハウス栽培がされています。

 

次に、グリーンピースの栄養価と保存方法・アスパラガスの栄養価と保存方法などの紹介をします。

 

グリーンピースの栄養価と保存方法

 

green-peas-free-photo2

 

グリーンピースの栄養価に優れた野菜です。

グリーンピースに含まれている栄養成分には、ビタミンB群・ビタミンC・βカロテンなどがあります。

ビタミンB2とビタミンCは美容効果に優れています。

グリーンピースにはミネラル成分のカリウムも含まれています。

カリウムはナトリウムの排出を促進する働きがあるので高血圧予防に効果があります。

グリーンピースは傷みやすい野菜なので新鮮なものを選びましょう。

グリーンピースは常温保存では日持ちしません。

冷蔵庫での冷蔵保存でも2~3日程度しか保存できません。

長期保存をしたいときには塩ゆでして冷凍保存する方法をおススメします。

グリーンピースは新鮮なうちに調理して食べるのが一番です。

次に、アスパラガスの栄養成分と保存方法を紹介します。

 

アスパラガスの栄養成分

 

f57m_1650

 

グリーンピースは栄養価に優れた野菜でした。

アスパラガスにはビタミン類・ミネラル類・アスパラギン酸・ルチンなどが含まれています。

アスパラガスに含まれる栄養成分は茹でても流出しない特徴があります。

ビタミン類やミネラル類は美容と健康に役立ちます。

アスパラギン酸は疲労回復やスタミナ増強が期待できます。

ルチンには血管を丈夫にする働きがあります。

ルチンは高血圧や動脈硬化予防に効果があるとされる成分です。

次に、アスパラガスの保存方法を紹介します。

 

アスパラガスの保存方法

 

グリーンピースとアスパラガスは栄養価に優れた野菜です。

グリーンピースやアスパラガスを上手に保存して美味しく食べませんか。

アスパラガスは傷みやすい野菜なので冷蔵保存方法をおススメします。

冷蔵庫の野菜室で保存するときには、ビニール袋などに入れて立てて保存してください。

アスパラガスを横にして保存すると、穂先が立ち上がろうとしてエネルギーを消費して鮮度が落ちます。

アスパラガスを長期保存したいときには、茹でてから冷凍保存してください。


PAGE TOP