カリフラワーの栄養価、食べ方、保存方法。冷凍はできる?

Sponsored Link

カリフラワーの栄養価は豊富です、健康・美容に役立てませんか。

カリフラワーの選び方や上手な保存方法を知っていれば美味しい淡色野菜を楽しめます。

カリフラワーはアブラナ科アブラナ属の野菜です。

カリフラワーの頂花蕾が食用になります。

食用の淡色野菜として栽培されるほか、観賞用途にされることもあります。

カリフラワーの名前の由来はキャベツ類の花を意味しています。

カリフラワーの和名は花野菜です。

ハナヤサイ(花野菜)だけでなく、花椰菜やハナカンラン(花甘藍)・キダチハナボタン(木立花葉牡丹)・花キャベツと呼ぶこともあります。

カリフラワーは、白くこんもりとした花蕾と太い茎が特徴の食用の淡色野菜です。

 

次に、カリフラワー・カリフラワーの栄養価・カリフラワーの保存方法などの紹介をします。

 

カリフラワー

 

kariflower

 

カリフラワーの原産地については未だ分かりません。

地中海沿岸原産のケールなどの野菜の突然変異説・近東を原産地とする野菜がローマ帝国の衰退後にアラブ人の手によってヨーロッパに伝えられた説など諸説があります。

紀元前540年頃には開花前のケールなどの蕾を食用にしていたことが記録に残っています。

カリフラワーはイタリヤやフランスで15世紀頃に栽培され始められました。

16世紀頃にはヨーロッパ全体に広まっていたようです。

18世紀頃にはインドなどの熱帯でも栽培できる品種が開発されています。

日本のカリフラワーは白色・クリーム色の花蕾以外ほとんど生産されていませんが、オレンジ・紫等の花蕾を付ける品種もあります。

カリフラワーは、太い茎がミネラル・ビタミンを貯蔵する器官としての役割があるため他のアブラナ科植物より栄養価が高いとされています。

日本には明治初期に渡来しましたが普及したのは昭和30年頃からのようです。

次に、カリフラワーの栄養価やカリフラワーの保存方法などの紹介をします。

 

カリフラワーの栄養価

 

e0139234_8294716

 

カリフラワーは、太い茎がミネラル・ビタミンを貯蔵する器官としての役割があるため栄養価が高いとされています。

カリフラワーに豊富に含まれているのはビタミンC・カリウム・βカロテン・アントシアニンなどです。

ビタミンCは、疲労回復・かぜの予防・ガン予防・アンチエイジング・美肌に効果があります。

カリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する働きがあります。

カリウムは高血圧が気になる人に効果があります。

オレンジ色のカリフラワー には、一般的な白色種に比べてβカロテンを多く含んでいます。

グリーンのカリフラワーにはビタミンCが白色種の倍近く含まれています。

紫色のカリフラワーにはアントシアニンが含まれています。

次に、カリフラワーの保存方法の概要を紹介します。

 

カリフラワーの保存方法

 

カリフラワーの栄養価は豊富です。

ビタミンC・カリウム・βカロテン・アントシアニンなどの有効成分が豊富に含まれています。

次に、カリフラワーの保存方法を紹介します。

カリフラワーは傷みやすいので日持ちしません。

スーパーや八百屋さんで購入したらスグに茹でるなどの調理をして美味しいうちに食べてください。

常温保存はおススメできません。

保存する場合は乾燥予防の為にポリ袋などに入れるかラップで包んで、冷蔵庫の野菜室で保存します。

冷蔵保存するときには立てて保存してください。

カリフラワーを長期保存したいときには、下茹でをしてから小分けして冷凍庫に保存します。


PAGE TOP