アスパラガス、ホワイトアスパラの旬な時期と選び方

Sponsored Link

グリーンアスパラガスの旬とホワイトアスパラガスの旬を知っていれば、美味しい料理を楽しめます。

アスパラガスに含まれている栄養は、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維などです。

アスパラガスを美味しく食べて健康・美容に役立てませんか。

 

次に、アスパラガスのこと・グリーンアスパラガスの旬・ホワイトアスパラガスの旬・アスパラガスの栄養などの紹介をします。

 

アスパラガス

 

ホワイトアスパラ

 

アスパラガスの漢字表記は「竜髭菜」です。

アスパラガスの葉のように見えるものは、極端にほそく細かく分枝した茎になります。

アスパラガスの本来の葉は鱗片状に退化しています。

日本で最初にアスパラガスの栽培・生産を行った人は、北海道岩内町の農学博士でした。

アスパラガスの主要産地は北海道・佐賀県・長野県になります。

日本各地で露地栽培やハウス栽培がされています。

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスは同じものです。

ホワイトアスパラガスは日光を遮断して栽培したものです。

土を被せてアスパラガスを覆ってしまう栽培方法・廃トンネルを利用した栽培方法などで、軟白栽培した白いものをホワイトアスパラガス(白アスパラ)と呼びます。

土寄せせずに普通に育てた緑色のものをグリーンアスパラガスと呼んでいます。

本州中部では4月下旬頃から6月にかけて若芽が成長します。

低温期は1日1回、高温期は1日2回収穫します。

長さが25cmくらいに伸びた柔らかいアスパラガスの茎を食用にします。

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスの他にも紫色品種のアスパラガスがあります。

紫色のアスパラガスは、アントシアニン色素の多い紫色品種になります。

紫色のアスパラガスは加熱すると紫色は失われてグリーンアスパラガスと変わらない外見になります。

次に、グリーンアスパラガスの旬とホワイトアスパラガスの旬を紹介します。

 

グリーンアスパラガスの旬 

 

fd400095

 

グリーンアスパラガスは年間を通して輸入物が出回っています。

新鮮な国産のグリーンアスパラガスの旬は4~7月頃になります。

新鮮な国産の旬のグリーンアスパラガスの特徴は、ほのかな甘みと、やわらかいのに歯ごたえがあることです。

旬のアスパラガスはサッと茹でただけでも美味しく食べられますが、炒め料理などにしても旬の味わいを生かせます。

グリーンアスパラガスを選ぶときには、太くまっすぐ伸びていて茎の緑が濃く張りとツヤがあるものにします。

グリーンアスパラガスの鮮度は、穂先と根元でチェックします。

穂先はかたく締まっているもので、根元の切り口がみずみずしいものを選んでください。

グリーンアスパラガスは傷みやすい野菜です。

購入して3日程度で、苦みが出たり水分が減って繊維がかたくなります。

グリーンアスパラガスを購入したらスグに調理して食べるのが良いですね。

グリーンアスパラガスを保存するときには、ラップに包ん冷蔵庫の野菜室に穂先を上にして立てて保存します。

次に、ホワイトアスパラガスの旬を紹介します。

 

ホワイトアスパラガスの旬

 

北海道産のホワイトアスパラガスの旬は5月頃になります。

ホワイトアスパラガスの山地には佐賀県もあります。

佐賀県産のホワイトアスパラガスの旬は1~春頃までになります。

ホワイトアスパラガスは、日光を遮断して葉緑素が作られないようにして栽培してあります。

ホワイトアスパラガスの特徴は、軟白栽培のために柔らかく甘みがあることです。

一般的なホワイトアスパラガスは缶詰の印象が強いですが、採れたてのホワイトアスパラガスをサッと茹でて食べると非常に美味しいです。

ホワイトアスパラガスは野菜の中ではチョット高めですが春の旬はおススメです。


PAGE TOP