ユンケルなどの栄養ドリンクはいつ飲むのが良い?飲むタイミング

Sponsored Link

仕事で疲れたときに栄養ドリンクを飲む人も多いのではないでしょうか。

高価な栄養ドリンクをいつ飲むのが良いのか気になりませんか。

栄養ドリンクを飲むタイミングを知っていれば栄養成分を有効に活用できますね。

栄養ドリンクは、肉体疲労時の栄養補給などを目的とした飲み物になります。

栄養ドリンクは、「エナジードリンク」や「ドリンク剤」とも呼ばれています。

栄養ドリンクは、ビタミン類・アミノ酸・滋養強壮効果のある生薬・漢方薬由来成分・疲労回復成分・健康成分を含む飲み物です。

医薬品・医療機器等の品質関係の法律に基づいて、含有成分と含有量によって医薬品・医薬部外品・清涼飲料水に分けられています。

医薬品の栄養ドリンクの購入に医師の処方箋は必要ありません。

清涼飲料水の栄養ドリンクは、食品衛生法に基づいて運用される食品になります。

栄養ドリンクは、手軽に素早く栄養補給や疲労回復ができる優れた飲み物です。

忙しい現代人の元気回復をサポートする強い味方ですね。

残業続きで疲れが取れない時に栄養ドリンクを飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

医薬品・医薬部外品・清涼飲料水の栄養ドリンクを飲み比べてみませんか。

 

次に、栄養ドリンク・栄養ドリンクはいつ飲むのか・栄養ドリンクの飲むタイミング・栄養ドリンクの注意点などの紹介をします。

 

栄養ドリンク

 

energy_drink

 

栄養ドリンクにはいつ飲むのかで効果も違ってきそうです。

栄養ドリンクの飲むタイミングや、医薬品・医薬部外品・清涼飲料水の栄養ドリンクの効果・効能を知ることは大切です。

栄養ドリンクは、栄養失調状態であれば一定の効果があるとされています。

栄養ドリンクには、各種ビタミン・タウリンなどの必須アミノ酸・カフェイン・肝臓水解物・漢方生薬由来成分を複数配合してあります。

医薬品・医薬部外品・清涼飲料水によって配合成分も変わるので、肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害などの状態に合わせて商品を選ぶことが大切です。

栄養ドリンク配合の成分はスグに効果があるほどのものではないので、個人差が大きいと考えられます。

特定の効能向けに特化している栄養ドリンクもあるので内容成分の確認が大切です。

 

栄養ドリンクを飲むタイミング

 

character_eiyou_drink

 

栄養ドリンクに配合してある成分には、アルコール・カフェイン・糖類・アミノ酸・漢方生薬由来成分などがあります。

アルコールは興奮、カフェインは興奮・覚醒・血圧上昇、糖類は興奮・覚醒、アミノ酸は栄養補給、漢方生薬由来成分は症状の改善などの作用があります。

栄養ドリンクを飲むときには、いつ飲むかで効果も違うようです。

栄養ドリンクを飲むタイミングを紹介します。

眠気を抑えたい栄養ドリンクは、眠気を抑えたい30分~1時間前が効果的です。

風邪症状を改善したいときの栄養ドリンクは、就寝前の時間帯が効果的です。

精力アップの栄養ドリンクは、精力が必要になる1時間程度前が効果的です。

お酒を飲むときの栄養ドリンクは、お酒を飲む前に飲むと効果的です。

 

栄養ドリンクで注意すること

 

栄養ドリンクをいつ飲むかは、栄養ドリンクを飲む目的によって飲むタイミングが違ってきます。

栄養ドリンクを活かすには飲むタイミングを守りましょう。

医薬品・医薬部外品の栄養ドリンクだけでなく、清涼飲料水の栄養ドリンクでも1日の容量を厳守することが大切です。

薬用成分を含有する栄養ドリンクは医薬品に指定されて、薬局やドラッグストアだけで販売されていました。

現在では、医薬品販売の規制緩和でコンビニエンスストア・スーパーマーケット・駅売店・自動販売機などでも売られています。

飲み方で、

・糖尿病や心血管疾患のリスクを上昇させる

・摂取カロリー過多の肥満

・肝臓への脂肪沈着

・アナフィラキシーショックの発症などの危険があります。

栄養ドリンクの中には、コーヒーの10倍以上の濃度のカフェインを含有している商品や、

多量摂取すると好ましくない物質配合の商品もあります。

栄養ドリンクの過剰摂取による健康被害を防ぐためには適正な量を守って飲用してください。


PAGE TOP