いちじくを食べて喉がイガイガ、腹痛がするのはアレルギーの症状?

Sponsored Link

いちじくの漢字表記は「無花果」・「映日果」です。

いちじく(無花果)は、クワ科イチジク属の果実です。

不老長寿の果物ともいわれる、いちじく(無花果)の原産地はアラビア南部だとされています。

いちじく(無花果)を食べてアレルギーになることもあるようです。

喉の痒みやイガイガなど、いちじくアレルギーになったことはありませんか。

いちじくアレルギーにならないように対処することが大切ですね。

いちじく(無花果)だけでなく、果物を食べるとアレルギーを起こすことがあります。

無花果アレルギーだけでなく、桃アレルギーやリンゴアレルギーやイチゴアレルギーなどもあります。

免疫反応が特定の抗原に対して過剰に反応することがアレルギーです。

免疫反応は生体にとっては不可欠な生理機能とされています。

アレルギーは、生活環境・抗原に対する過剰な曝露・遺伝などが原因ではないかと考えられていますが、発症原因は解明されていません。

アレルギーを起こす環境由来抗原はアレルゲンと呼ばれています。

アルルゲンでは、ハウスダスト・花粉・ダニ・米・小麦・酵母・果物などが知られています。

先進国ではアレルギー患者が増えており、日本でもアレルギー科がある病院が増えています。

アレルギー性疾患には、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎(花粉症)・アレルギー性結膜炎・ アレルギー性胃腸炎・食物アレルギー・薬物アレルギーどがあります。

 

次に、いちじくアレルギーの症状・ 喉イガイガなどのいちじくアレルギー予防・いちじく アレルギーの対処などの紹介をします。

 

いちじくアレルギーの症状

 

IMG_3464

 

いちじくアレルギーの症状には、「くちびるが痒い」・「くちびるが腫れる」・「喉がイガイガする」などがあります。

一般的には、いちじくアレルギーは口の周りや口の中で起きます。

無花果アレルギー症状が現れるのは、いちじく(無花果)を食べた直後~約1時間以内になります。

一般的には食べてから15分程度で、「くちびるが痒い」・「くちびるが腫れる」・「喉がイガイガする」などの症状がでます。

いちじくアレルギーは口の周りや口の中だけではありません。

蕁麻疹・腹痛・下痢・咳込み・呼吸困難もあります。

重症化すると複数の臓器に症状がでることもあります。

 

いちじくアレルギーの予防

 

fruit_ichijiku

 

いちじくアレルギーの症状は、一般的には「くちびるが痒い」・「くちびるが腫れる」・「喉がイガイガする」などの口の周りや中ですが、重症化すると複数の臓器に症状が出て命に関わることもあります。

いちじくアレルギーを軽く見てはいけませんね。

いちじくアレルギーを予防するにはどうすれば良いのでしょうか。

いちじくアレルギーは花粉症の人がなりやすいようです。

花粉症の中でも「シラカバ花粉症」の人は、いちじくアレルギー発症の可能性が高くなります。

シラカバの花粉といちじく(無花果)のタンパク質構造が似ていることが原因です。

花粉とタンパク質の構造が似ていることで免疫システムが誤作動を起こすようです。

シラカバ花粉症だけでなく、ゴム(ラテックス)アレルギーの人も要注意です。

ゴムといちじく(無花果)のタンパク質構造が似ていることが原因です。

 

いちじくアレルギーの対処法

 

いちじくアレルギーは、「くちびるが痒い」・「くちびるが腫れる」・「喉がイガイガする」などです。

いちじくアレルギーはシラカバ花粉症の人やゴムアレルギーの人は可能性が高くなります。

いちじくアレルギーは重症化すると命にも関わるので対処が大切です。

シラカバ花粉症やゴムアレルギーの人は、病院のアレルギー科での検査をおススメします。

アレルギー症状が軽い人でも急に重症化することもあるようです。

病院のアレルギー科で検査して病院の対処法に従ってください。

いちじくアレルギーが出た人は、リンゴ・梨・桃・サクランボ・イチゴなどの果物でもアレルギーが出る可能性があるので注意が必要です。

アレルギーが気になったら病院での検査をおススメします。


PAGE TOP