ラディッシュの葉は生でも食べられる?葉にトゲがある場合は?

Sponsored Link

ラディッシュの葉は生でも食べられます。

ラディッシュを生で食べるときに葉のトゲが気になる時もあります。

葉にトゲがある場合は?サッと茹でれば食べられます。

ラディッシュの和名は「ハツカダイコン」です。

「ハツカダイコン」の漢字表記は「二十日大根」になります。

「廿日大根」とも呼ばれる、アブラナ科ダイコン属の野菜です。

ラディッシュとも呼ばれる「ハツカダイコン(二十日大根)」の原産地はヨーロッパだと考えられています。

ラディッシュ(二十日大根)が日本に伝わったのは明治時代だと考えられています。

ラディッシュの和名が二十日大根になった理由は、萌芽から収穫までが早くて20日程度だからです。

ラディッシュ(二十日大根)の食用とする部分は、肥大した根・茎・胚軸になります。

日本では生食されることが多く、生食または酢の物で美味しく食べられます。

ラディッシュは大根の中でも最も小型の種類です。

収穫までの時期が短く環境を選ばない特徴があるので全国で栽培されています。

 

次に、ラディッシュの栄養や効能・ラディッシュの保存方法・ラディッシュの葉は生食できる?ラディッシュを生で食べるときに葉にトゲがある場合は?などの紹介をします。

 

ラディッシュの栄養と効能

 

m_f_vegetable280

 

和名では「二十日大根」と呼ばれるラディッシュに含まれている栄養は、消化酵素のアミラーゼやイソチオシアネートとビタミン類・ミネラル類になります。

赤色系のラディッシュにはアントシアニン系の色素が含まれています。

消化酵素のアミラーゼには、胃酸の分泌をコントロールする働きがあります。

イソチオシアネートには、食欲増進・消化促進の働きがあります。

ラディッシュ(二十日大根)をおススメしたい人は、消化吸収サポート・疲労回復・疲労軽減・胃腸の健康改善・ダイエット・便秘改善・アンチエイジング・ガン病予防が気になる人です。

次に、ラディッシュの保存方法・ラディッシュの葉は生食できる?ラディッシュを生で食べるときに葉にトゲがある場合は?などの紹介をします。

 

ラディッシュの保存方法

 

h65m_7621

 

ラディッシュ(二十日大根)を選ぶときには、葉が活き活きしているものを選びます。

丸い根の部分は色が鮮やかなものが良いですね。

ラディッシュ(二十日大根)の保存方法は、湿らせたキッチンペーパーなどに包んで密封容器に入れて冷蔵します。

冷蔵保存するときには、葉の部分と根の部分は切り離すのがポイントです。

次に、ラディッシュの葉は生食できる?ラディッシュを生で食べるときに葉にトゲがある場合は?などの紹介をします。

 

ラディッシュの葉を生で食べる

 

ラディッシュの葉は生で食べられます。

ラディッシュの葉を生で食べるときに葉にトゲがある場合は?チョット茹でればOKです。

ラディッシュの葉は、柔らかいものは生のままサラダに加えると美味しく食べられます。

少し大きい葉・固そうな葉・トゲが気になる葉は、サッと茹でておひたしや和え物に使っても美味しく食べられます。

ラディッシュの葉は、味噌汁やスープの具材としても使えます。

ラディッシュの葉の浅漬けは美味しいですよ、試してみませんか。


PAGE TOP