セロリの栄養は加熱しても大丈夫?セロリの葉は生でも食べられる?

Sponsored Link

セロリはセリ科の野菜です。

豊富な栄養成分が含まれています。

セロリの栄養成分は油炒めなどの加熱料理でも失われません。

葉にも栄養成分は含まれています。

美味しく食べて、美容と健康に役立ててください。

セロリの色は緑・淡緑・黄白なので淡色野菜に分類されています。

品種は、色によって黄色種・緑色種・中間種に大別されています。

セロリの茎の高さは約30~75cmです。

6~9月頃に白い小花を球状に咲かせます。

フタリド類・テルペン類化合物に由来する独特な芳香があります。

セロリに含まれている栄養成分には、β―カロテン・ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。

 

次に、セロリの栄養成分・セロリの栄養成分は加熱してもOK・セロリの葉の栄養・セロリの保存方法・セロリの美味しい食べ方などの紹介をします。

 

セロリの栄養成分

 

fd400052

 

セロリの注目の栄養成分は、香り成分・カリウム・ビタミンU・β―カロテン・ピラジン・食物繊維などです。

セロリに含まれている香り成分のアピインとテルペンには、精神の安定・頭痛の緩和などの働きがあります。

カリウムには、高血圧改善・むくみ改善の働きがあります。

ビタミンUには、胃の粘膜を保護する働きや胃潰瘍の予防などの働きがあります。

β―カロテン・ピラジンには血流改善の働きがあります。

セロリに含まれている栄養成分のβ―カロテンやビタミンEは油で炒めるなどの加熱で吸収力がアップします。

セロリの葉にも栄養成分が含まれているので、炒め煮などのスープにして食べると効果的に栄養成分を摂取できます。

次に、セロリの保存方法・セロリの美味しい食べ方などの紹介をします。

 

セロリの保存方法

 

fd400058

 

セロリの栄養成分には、精神の安定・頭痛改善に役立つ香り成分もあります。

セロリの栄養成分は加熱してもOKです。

油炒めにしてβ―カロテンやビタミンEを効率よく摂取してください。

セロリの葉にも栄養成分があるので美味しく食べてください。

セロリの常温保存はおススメできません。

冷蔵保存するときには、葉と茎を別にして保存します。

セロリは葉から傷むので茎と葉を分けて保存します。

冷蔵保存するときには、ポリ袋などに入れたセロリを深さのある保存容器に入れて立てた状態で冷蔵庫の野菜室に保存します。

冷蔵保存したセロリの賞味期限は7日間程度です。

 

セロリの美味しい食べ方

 

セロリには豊富な栄養成分が含まれています。

セロリの栄養成分の吸収をよくするには、油炒めなどの加熱料理がおススメです。

セロリの葉にも栄養成分がふくまれているので、スープなどで美味しく食べてください。

セロリは独特の香りとシャキッとした歯触りが特徴の野菜です。

茎・葉は生食されます。

炒め物・漬物・佃煮・スープや、シチューなど肉料理の香味野菜として美味しく食べられます。

部位別の美味しい食べ方では、葉が佃煮・天ぷら・スープなどに使われます。

茎はサラダ・炒め物・煮込み料理・漬物などに使われます。

香りの強い成分はアピオールです。

セロリには、肉やレバーなどの臭みを消す揮発性成分が含まれています。

芳香は精油のセダノライドです。

セダノライトは、口内の味覚神経を刺激して唾液や胃液の分泌を促し、食欲を増進させるといわれています。


PAGE TOP