天然水の作り方。殺菌はしている?何年もつ?

Sponsored Link

天然水にこだわりがある人も多いようです。

天然水とは、特定水源の地下水を原水として「沈殿」・「ろ過」・「加熱殺菌」以外の物理的・化学的処理を行わない水になります。

「塩素処理」をした水は「天然水」とは呼べなくなります。

天然水は、大自然の中で長い時間をかけて幾層もの地層でろ過された清浄な水です。

天然水の特徴は、四季や晴雨に左右されないで年間を通して品質が安定していることです。

天然水の作り方や安全性が人気になりませんか、天然水を殺菌する方法にはどのような方法があるのでしょうか。

 

次に、天然水とは・天然水の作り方・天然水の殺菌・ボトルウォーター、などの紹介をします。

 

天然水とは

 

w095m

 

天然水とは、“天然の成分を含む水”になります。

天然水はナチュラルウォーターと呼ばれることもあります。

ナチュラルウォーターとは、特定水源の地下水を原水として「沈殿」・「ろ過」・「加熱殺菌」以外の物理的・化学的処理を行わない水になります。

天然水(ナチュラルウォーター)は、天然のミネラルが豊富に残った身体にうれしい水ですね。

天然水(ナチュラルウォーター)に対して、身近な水に「水道水」があります。

「水道水」は、河川やダムなどから採水した水を「塩素消毒」して各家庭に届けられています。

「水道水」は安価で安全な水として日本中の生活・産業を支えています。

ナチュラルウォーターには、鉱化された地下水の「ナチュラルミネラルウォーター」もあります。

ナチュラルミネラルウォーターは、地表から浸透した水が地下を移動中&地下に滞留中に、地層中の無機塩類が溶解した地下水になります。

ミネラルウォーターは、ナチュラルミネラルウォーターを原水としています。

原水の品質を安定させるために、ミネラル調整・ばっ気・複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合などが行われているのがミネラルウォーターです。

次に、天然水の作り方・天然水の殺菌などの紹介をします。

 

天然水の作り方

 

img_oneway04

 

天然水の採水地は日本各地にありますが、どの天然水も水質に優れたことを国の厳しい基準で認められています。

天然水の採水地として有名な場所には、南アルプス・富士山麓・南阿蘇などがあります。

採水地によって天然水の硬度や成分に違いがあり、自然由来のミネラルを含んだまろやかな味を楽しめます。

日本各地には、環境省が厳選した「名水百選」という水くみ場があります。

名水百選の水くみ場から採水した水は、全てが安心して飲めることはないので注意が必要です。

水くみ場の名水は、野生動物も利用しています。

名水の採水地には、野生動物の毛や排せつ物が入り込む可能性もあります。

ミネラル豊富で安全性に優れた、メーカーの天然水の作り方は安全管理がされています。

採水・濾過・殺菌・ボトリング・検品の手順で商品化されています。

天然水は処理工場へ運ばれて濾過・殺菌されます。

殺菌の方法は加熱による殺菌処理など、メーカー独自の方法で浄化処理されているようです。

 

ボトルウォーター

 

安心・安全の天然水の作り方は、採水・濾過・殺菌・ボトリング・検品の手順になります。

天然水の濾過・殺菌方法は、各メーカーで工夫されています。

原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないものは、「ナチュラルウォーター」・「ナチュラルミネラルウォーター」などと呼ばれています。

天然水と呼ばれているのは、「ナチュラルウォーター」・「ナチュラルミネラルウォーター」になります。

「ボトルウォーター」は、「ナチュラルウォーター」・「ナチュラルミネラルウォーター」及び「ミネラルウォーター」以外の水になります。

ボトルウォーターは、一般的な天然水ではなく「蒸留水」や「水道水」などの飲用水を容器に詰めたものです。

ボトルドウォーターには、「海洋深層水」も含まれます。


PAGE TOP