おからパウダーダイエット方法とカロリー、レシピ※効果は?

Sponsored Link

おからパウダーダイエットの方法を知っていれば、無理なく内臓脂肪や皮下脂肪を減らせます。

おからパウダーは食物繊維が多い低カロリー食品です。

おからパウダーを使った美味しいレシピが、インターネット上のブログで紹介されています。

おからパウダーとは、豆乳の搾りかすの“おから”を乾燥させてパウダー状にしたものになります。

一般的には、粒子が粗いタイプを「乾燥おから」・粒子細かいタイプを「おからパウダー」と呼んでいるようです。

“おから”は大豆から豆腐を製造する過程で発生する搾りかすになります。

豆腐になる豆乳を絞った際の搾りかすを“おから”と呼びます。

日本だけでなく中国・韓国など、豆腐を食べる食習慣がある東アジア一帯ではなじみ深い食品になります。

“おから”は食物繊維や栄養成分を多く含んでいるのに低カロリーなのでダイエット食におススメです。

“おから”は大豆から豆乳を搾った後の廃物なので安価です。

豆腐屋が無料で分け与えたり、捨てたりすることが多いようです。

“おから”は品質の劣化が早く日持ちがしないため、現在では家畜の飼料として一部を活用するか、脱水して保存性を高めて「おからパウダー」や「乾燥おから」として供給される他は多くが廃棄されています。

 

次に、おからパウダーダイエットの方法・おからパウダーの栄養成分・低カロリーのおからパウダーを使ったレシピなどの紹介をします。

 

おからパウダーの栄養成分

 

2d55b0952a51520af18ba5861569251ea96fd3be.10.2.3.2

 

おからパウダーダイエットの方法は、おからパウダー(低カロリー)を使った美味しい料理を食べることです。

低カロリーで栄養豊富なおからパウダーを使った美味しいレシピを活用して健康美人になりませんか。

おからパウダーの元になる“おから”は豆乳の搾りかすですが、栄養的には優れた食材です。

おからパウダーの成分は、

・粗蛋白質が約26%・粗脂肪は約13%

・可溶無窒素物が約33%・粗繊維が約15%です。

低カロリーで栄養価が非常に高いおからパウダーには、脳の記憶力を高めるホスファチジルコリンも豊富に含まれています。

記憶に関連した脳内物質のアセチルコリンの生成にはコリンという物質が必要です。

コリンのもとになる物質がホスファチジルコリンです。

ネズミを使った実験では記憶力が良くなったという報告もあるそうです。

おからパウダーダイエット方法では記憶力アップも期待できます。

 

おからパウダーダイエット

 

okara

 

低カロリーのおからパウダーを使った、おからパウダーダイエットを始めませんか。

ダイエットの基本的な方法は、摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やすことです。

摂取カロリーを抑えるためには低カロリーの食事をするのが効果的です。

低カロリーのおからパウダーを使えば食事量を減らさないで摂取カロリーを減らせます。

低カロリーのおからパウダーを使ったレシピには、蒸しパン・クッキー・パウンドケーキ・ポテトサラダ・ハンバーグなどがあります。

 

おからパウダーを使ったレシピ

 

おからパウダーダイエットの方法は食事量を減らさないで摂取カロリーを減らします。

おからパウダーには、低カロリーで食物繊維や脳の記憶力を高めるホスファチジルコリンなどの栄養を含んでいます。

おからパウダーを使ったレシピはたくさんありますが、ポテトサラダ・ハンバーグ・パウンドケーキ・蒸しパンなどが美味しいですね。

料理のカロリーを下げるためだけでなく、おからパウダーを加えることで美味しくなります。

ポテトサラダ・ハンバーグ・パウンドケーキ・蒸しパンを作るときにおからパウダーを加えてください美味しさがワンランクアップします。


PAGE TOP