小豆水ダイエットの方法と作り方※効果はある?!

Sponsored Link

小豆水を使ったダイエットが注目されています。

小豆水ダイエットとは、食前に小豆水を飲むダイエット方法になります。

小豆には、カリウム・鉄・ビタミンB1・食物繊維が豊富に含まれています。

カリウムには、体内の余分なナトリウムを排出する働きや水分代謝を良くする働きがあります。

鉄には酸素を体の細胞・組織に運ぶ働きがあります。

ビタミンB1には細胞が糖質をエネルギーとして利用するときに必要な成分です。

ビタミンB1が不足すると脳へのエネルギー不足になり、手足のしびれ・むくみ・疲れが出ます。

小豆の食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維です。

食物繊維は、便秘・大腸がん・血糖値・コレステロール値・動脈硬化の改善になく立ちます。

代謝アップに役立つビタミンB1や腸の健康に役立つ小豆を使ったダイエットを始めませんか。

内臓脂肪や皮下脂肪が多い肥満は生活習慣病のリスクを高めます。

生活習慣病には、心臓病・脳卒中・高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満があります。

肥満は、心臓病・脳卒中・高血圧・糖尿病・脂質異常症などのリスクを高めます。

小豆水ダイエットで健康スリムつくり始めませんか。

小豆で作った、ポリフェノールたっぷりの小豆水を食前に飲めば脂肪の吸収を抑えられます。

食事からの脂肪の吸収抑制と血糖値の上昇の抑制で肥満を予防できます。

 

次に、小豆水ダイエットの紹介をします。

 

小豆水ダイエット方法

 

b0d63e4303f9bf6fe61729a2814322b0

 

小豆水ダイエット方法を紹介します。

ダイエット1・食前30分以内にコップ1杯の「小豆水」を飲みます。

ダイエット2・1日に小豆水を飲む量は300cc以上になります。

ダイエット3・1日の小豆水の摂取量は1リットル以下です。

小豆水と一緒に、1日100g以下の茹でた小豆は食べてもOKです。

小豆水ダイエット中は、少量なら甘い物を食べてもOKだそうです。

食事制限や少しだけでも甘いものを食べてもOKなので続けられそうです。

 

小豆水の作り方

 

large_449030_2

 

小豆水の作り方は簡単です。健康スリムの簡単ダイエットに使う小豆水の作り方を紹介します。

・お鍋に小豆(50g)と水(500cc)を入れます。

・30分程度茹でます。

・小豆を煮出して小豆ポリフェノールをたくさん出します。

小豆ポリフェノールがたくさん出たら、ザルでこして人肌程度に冷まします。

小豆水は、砂糖なしお汁粉です。

この小豆水を食前にコップ1杯飲むことで食べ物に含まれている脂肪の吸収を抑制できます。

小豆水は日持ちしません、冷蔵庫で保存して作ったその日のうちに飲むようにします。

 

小豆水の栄養成分

 

小豆水ダイエットに含まれているポリフェノールが、脂肪の吸収や血糖値の上昇を抑える働きをします。

小豆ポリフェノールには血管拡張作用もあります。

小豆ポリフェノールを摂取することで冷え性改善にも役立ちます。

小豆水には肥満予防のサポニンも含まれています。

健康スリムつくりに小豆水ダイエットをおススメします。


PAGE TOP