子供の成長にビタミンEは必要?取りすぎ、不足だと・・・

Sponsored Link

子供の成長にはビタミンEが大切だとされています。

ビタミンEには血液や血管の発達を促す働きがあります。

ビタミンEには細胞の結びつきを安定させる働きがあります。

脂溶性のビタミンで、体の様々な不調を予防・改善の効果があります。

アンチエイジングにもビタミンEが役立つことが知られています。

高い抗酸化作用による「サビ取り効果」に着目した、若返りビタミンE配合のサプリメントも人気があります。

子供の成長に大切なのはビタミンEだけではありません。

子供の成長に欠かせない栄養素はカルシウム・マグネシウム・ビタミンD・タンパク質です。

子供の成長では骨の成長がポイントになります。

骨を形作りベースになる栄養素がたんぱく質(コラーゲン)になります。

ベースの上にカルシウムやリンがくっついて硬くて丈夫な骨をつくります。

マグネシウムには骨の健康維持の役割があります。

ビタミンDには小腸でのカルシウムの吸収促進をサポートします。

ビタミンKは骨の土台にカルシウムをくっつけることをサポートします。

ビタミンEは骨の細胞を活性化させてホルモンの分泌を活発にします。

 

次に、子供の成長に必要なビタミンEの紹介をします。

 

ビタミンE

 

seichouki

 

 

子供の成長に重要なビタミンEを含む美味しい料理を作って食育に役立ててください。

子供の成長にビタミンEがどのような影響があるのか紹介します。

ビタミンEは血行促進に役立ちます。

抹消血管を拡張して血行を促進する効果があります。

ビタミンEは、血流を良くして寒さに負けない体作りをサポートします。

アトピー性皮膚炎の改善にも期待されています。

ビタミンEには活性酸素を除去する働きがあります。

ビタミンEには、骨の成長を促して身長を伸ばす働きがあります。

骨の細胞を活性化してホルモンの分泌を活発にします。

カルシウムと併せてビタミンEを摂取することで、身長を伸ばす効果が期待できます。

ビタミンEの抗酸化作用・血行促進作用は、子供の肌の乾燥や伴うかゆみの改善に役立ちます。

風邪や病気の予防効果があるビタミンCの働きをビタミンEがサポートします。

ビタミンCとビタミンEを一緒に摂取することで効果がアップします。

 

ビタミンEを含む食品

 

55yjimage

 

子供の成長をサポートするビタミンEを豊富に含んでいる食品を紹介します。

ビタミンEを多く含む食品には、「ひまわり油」・「米ぬか油」・「大豆油」・「サフラワー(べにばな)油」などの植物油があります。

アーモンド・ひまわりの種などの種実類にもビタミンEが豊富に含まれています。

あんこうの肝・からすみ・たらこ・キャビアなどの魚の卵もビタミンEを多く含む食材です。

マヨネーズや西洋かぼちゃや小麦胚芽などにもビタミンEが含まれています。

カルシウムやビタミンCを含む食材と合わせて料理に使うことで、子供の成長を楽しみにできます。

 

ビタミンEの摂りすぎ

 

子供の成長をサポートするビタミンEですが、摂り過ぎは良くないとされています。

ビタミンEを摂りすぎると、吐き気・下痢・肝機能の低下・血液が凝固しづらくなる・骨粗鬆になりやすくなるなどの弊害があるようです。

ビタミンEの摂りすぎで問題になるのはサプリメントです。

食品から摂取するビタミンEの量が体調不良につながることはほとんどありません。

子供の成長のためにと健康食品やサプリメントを使うのではなく、ビタミンEやカルシウムを含んだ美味しい料理であれば問題ないと考えられます。

 


PAGE TOP