柿の保存方法。常温、冷蔵、冷凍はできる?

Sponsored Link

柿の上手な保存方法を調べて秋の美味しい旬をたべませんか。

柿は東アジアの固有のカキノキ科の果実になります。

熟した柿の果実は食用・幹は家具材・お葉は茶の代わりとして飲まれます。

柿にはタンニンを多く含んでいます。

柿渋は防腐剤として用いられています。

日本から1789年にヨーロッパに伝わり、1870年に北アメリカへ伝わりました。

現在では世界中の温暖な地域で果樹として栽培されていて、学名は「kaki」の名称が使われています。

日本では、沖縄県を除く日本の全都道府県で栽培・出荷がされています。

北東北と北海道は、柿木の生育には寒冷すぎるため渋柿がごく少数だけ出荷されています。

柿の栽培面積は、和歌山県・福岡県・奈良県の順になっています。

甘柿は温暖な気候でないと甘く育たないため、和歌山県・奈良県・福岡県の出荷量になっています。

柿の品種は1000種を超えると言われています。

柿の生育は、“諺”では8年と言われますが、工夫によって実際は4年程度で結実しています。

柿には渋柿と甘柿があります。

渋柿は、実が熟しても果肉が固いうちは渋が残る種になります。

渋柿の代表的な品種は、「平核無」と「刀根早生」になります。

甘柿は渋柿の突然変異種と考えられています。

甘柿も未熟時は渋いが熟すに従い渋が抜けて甘くなります。

甘柿の種類は、熟せば常に甘みを持つ完全甘柿と、成熟時に渋が残る不完全甘柿に分類されています。

主な完全甘柿は、「富有」・「次郎」・「早秋」・「貴秋」・「晩御所」・「太秋」・「愛秋豊」・「御所」・「伊豆」・「花御所」・「天神御所」になります。

 

次に、柿の常温・冷蔵・冷凍保存方法を紹介します。

 

柿の常温保存方法

 

lgf01a201408031900

 

 

柿の保存方法には常温保存があります。

柿は常温保存するのが基本の果実です。

常温保存する場合は、直射日光が当たらない風通しの良い場所に保存します。

賞味期間は買った時の熟れ等の状態にもよります。

スーパー・八百屋さん・果物屋さんで購入したら1週間程度を目安に食べましょう。

食べる30分~1時間前に冷蔵保存すると甘味が増して美味しくなります。

 

柿の冷蔵保存方法

 

kkyjimage

 

 

柿の保存方法では常温保存が基本ですが冷蔵保存もできます。

食べきれないほど大量にあるときには冷蔵保存をしてください。

常温保存に比べて4~5日期間は賞味期限を延ばせます。

冷蔵保存するときには冷蔵庫の野菜室に保存します。

冷蔵庫に入れるときには、乾燥や味覚の劣化を防ぐためにもジッパー付きの保存袋に入れてから保存します。

 

柿の冷凍保存方法

 

柿の保存方法には冷凍保存方法があります。

柿を冷凍保存する時には加工してから保存します。

ジャム加工にして保存すれば、解凍後に美味しく食べられます。

皮つきの生のまま冷凍保存した柿をすり下ろして食べる方法もあります。

冷凍された柿を解凍して、常温保存した柿のように食べるのは食感的に無理です。

冷凍柿は、常温保存や冷蔵保存した柿とは別の食べ方でなければ美味しくありません。

 


PAGE TOP