もずくの栄養と効能が良いけど、一日の摂取量はでれくらい?

Sponsored Link

もずくには栄養成分が豊富に含まれています。

もずくを美味しく食べて健康・美容に役立てませんか。

もずくは、水雲・海蘊?・藻付・海雲などの漢字表記があります。

褐藻綱ナガマツモ目モズク科の海藻になります。

もづくの別名には「イトモズク」があります。

枝分かれのある糸状藻類なので「イトモズク」とも呼ばれるようです。

もづくは、モズク科やナガマツモ科に属する海藻の総称として使われています。

もづくの食べ方では、食酢で和えた「もずく酢」が良く知られています。

「もづく酢」の加工食品には、土佐酢や三杯酢などと合わせてプラスチック容器に入れてそのまま食べられるようにした商品もあります。

もづくの天ぷらや吸い物・雑炊もよく食べられています。

沖縄県には衣が厚い独特のてんぷらにソースをつけて食べる方法があります。

日本国内で食用として流通しているもづくでは、オキナワモズク とイシモズクが9割以上を占めています。

もずくの日本での主産地は沖縄県になります。

海外では「トンガ」が良く知られています。

台湾では「海髪菜」という商品名になっているようです。

 

次に、もずくの栄養成分や効能などの紹介をします。

 

もづくの栄養成分

 

kaisou-13

 

もづくの栄養成分は、

・フコダイン・アルギン酸・フコオリゴ糖・キシロース・カロテノイド

・アラキドン酸・ビタミンC・ビタミンK・エイコサペンタエン酸(EPA)

・フコステロール・グリシン・マグネシウム・カルシウム・カリウム・リン

・ナトリウム・鉄などにあります。

栄養成分豊富な美味しいもづく酢を食べて健康・美人になりませんか。

 

もづくでダイエット

 

212531038225f3d9f28eb1b54ef5e659ae6eaff1.21.2.9.2

 

もづくには豊富な栄養成分が含まれています。

もずくの効能ではダイエット効果があります。

もづく100gのカロリーは6kcalです。

栄養成分たっぷりで低カロリーなので肥満の心配はありません。

もずくには、食物繊維の一種の「フコダイン」が豊富に含まれています。

フコダインは水溶性食物繊維です。

フコイダンには腸内環境を整えてる働きがあります。

ダイエット・美肌・アンチエイジング・生活習慣病予防に、「フコダイン」が豊富なもづくを食べませんか。

 

もづくの食べ方

 

もずくの栄養成分はフコダイン・ミネラル類・ビタミン類・アミノ酸などです。

もづくを美味しく食べて健康・美容に役立ててください。

ダイエット目的で、もずくを食べるときには食事の初めに摂るのが効果的です。

もづくに含まれている食物繊維が膨張して満腹感を得られることで食べ過ぎを予防できます。

フコダインには、食事の糖質の吸収を遅らせる働きもあります。

糖質の吸収を遅らせられれば血糖値の上昇がゆるやかになるのでダイエットに役立ちます。


PAGE TOP