チャーハン、焼き飯、ピラフの違い。何が違う?

Sponsored Link

チャーハン・ピラフ・焼き飯の違いを知っていますか。

どれも似たような料理ですが調理方法や基本的な材料に違いがありそうです。

チャーハンは、炊きあがった米飯に卵・食用油・調味料や肉類・海産物・野菜を加えて油で炒めた中華料理になります。

チャーハンに類似した料理は、東アジアと東南アジアで広く見られます。

・韓国にはポックムパプ・北朝鮮にはギルムバプ

・タイにはカーオパット・インドネシアとマレーシアにはナシゴレン

・ベトナムにはコムチェンなどがあります。

近年の日本には、加熱するだけで調理が完了する冷凍食品やインスタント食品などが人気です。

ピラフは、炒めた米をいろいろ魚介類・肉類・野菜などの具材とともに出汁で炊いた料理になります。

インド・中近東・南欧ギリシャにまでの幅広い地域で食べられていて、日本でも人気の米料理です。

焼き飯とチャーハンには大きな違いはないようです。

チャーハンはご飯を炒める料理で、焼き飯はご飯を焼く料理だという意見もあります。

チャーハンと焼き飯を同じものとしてメニューに載せているお店もあります。

チャーハンを塩味・焼き飯を醤油味にしているお店もあります。

 

次に、チャーハン・ピラフ・焼き飯の違いを紹介します。

 

チャーハン

 

20091017_516940

 

チャーハン・ピラフ・焼き飯の違いを明確にするためにチャーハンの概要を紹介します。

チャーハンは、炊きあがった米飯を様々な具と共に油で炒めた中華料理になります。

チャーハンの基本の材料は、米飯・卵・食用油・調味料になります。

お好みで加える食材には、肉類のハムやベーコン・海産物のエビやカニ・野菜のネギやグリーンピースなどが使われます。

タイのチャーハンなどのように果物のパイナップルを使う場合もあります。

チャーハンで使われる米飯は、水分の少ないタイプになります。

インディカ米はチャーハンには適しているとされます。

料理店で使われる炒め油はラードですが、一般的な家庭では植物油を使うことが多いようです。

 

ピラフ

 

pilaf-free-photo2

 

チャーハン・ピラフ・焼き飯の違いを明確にするためにピラフの概要を紹介します。

ピラフは、炒めた米をいろいろ具材とともに出汁で炊いた料理になります。

トルコ料理が良く知られていますが、インド・中近東・南欧ギリシャにまでの幅広い地域で食べられている米料理になります。

一般的な調理法では、

・魚介類・肉類・野菜類を食べやすい大きさにカットして弱火で軽く炒る

・バターを適量溶かしインディカ米を透き通るまで炒める

・炒めたインディカ米に調味した同量のスープを合わせて具材を載せて炊き上げます。

 

焼き飯

 

チャーハン・ピラフ・焼き飯の違いを明確にするために焼き飯の概要を紹介します。

チャーハンと焼き飯は同じ料理と考えている人も多いようです。

明確な違いがみつけにくいチャーハンと焼き飯ですが、調理法が違うと考えている人もいます。

チャーハンは炒め飯ともいい、炊きあがった飯を炒めます。

焼き飯は炊きあがった飯を焼く料理になります。

チャーハンは卵を入れてから飯を入れて炒めるのに対して、焼き飯は飯を焼いた後に卵を入れるなどの違いを指摘する人もいます。

チャーハンと焼き飯のメニューがあるお店では、塩味をチャーハン・?油味を焼き飯としていたケースもあるようです。

 


PAGE TOP