花ズッキーニの栄養価、食べ方、保存方法

Sponsored Link

花ズッキーニの食べ方を知っていれば、花ズッキーニは栄養価が豊富な野菜です。

花ズッキーニの上手な保存方法が分かれば美味しい料理を楽しめますね。

花ズッキーニは、ズッキーニの花のことです。

ズッキーニはキュウリに似ている細長い形状の野菜ですが、キュウリの仲間ではなくかぼちゃの仲間の野菜です。

一般的にはズッキーニは実を食べますが、実だけではなく「花」も食べることができます。

花ズッキーニは日本ではあまり流通していませんが、イタリアやフランスでは一般的な食材として人気があります。

花ズッキーニの黄色い花の部分に詰め物をして揚げたり炒めたりして食べます。

花ズッキーニ特有の食感と風味があるので試してみませんか。

 

次に、花ズッキーニのこと・食べ方・花ズッキーニの栄養価・花ズッキーニの保存方法などの紹介をします。

 

花ズッキーニ

 

P024785117_480

 

花ズッキーニには、雄花(おばな)と雌花(めばな)があります。

雄花と雌花を見分けるのは簡単です。

雄花は花のみですが、雌花には小さな実(数センチ)がついています。

雌花についている小さな実はズッキーニの種類によって、緑色と黄色のものがあります。

雄花も雌花も花は濃い黄色です。花のサイズは6~8cm程度になります。

花ズッキーニは、基本的に花びらが開花する前の状態で収穫します。

雌花は小さな実と一緒に食べます。

花ズッキーニが出荷されるのは初夏から夏になります。

日本では一般的な野菜ではないので出荷量は少なくなっています。

花ズッキーニは主に直売所などで販売されていることが多いようです。

スーパーなどでも売られることがありますが、多くは小さな実がついた雌花になります。

花ズッキーニの美味しい食べ方を知って、花ズッキーニの豊富な栄養価を効率よく摂取しませんか。

花ズッキーニは傷みやすいので保存方法には気を付ける必要があります。

 

花ズッキーニの食べ方

 

fc8875ce

 

花ズッキーニの美味しい食べ方を紹介します。

一般的な花ズッキーニの料理方法には、天ぷら・リゾット・炒め物になります。

イタリアやフランスでの人気の食べ方には、花の中にチーズなどを入れて揚げるフリット(フリッター)があります。

チーズやミートソースなどを入れて衣をつけて揚げると、サクサク食感とチーズのとろける食感がマッチして美味しく食べられます。

調理するときには、花の中の雌しべや雄しべを取って軽く水洗いします。

雌花は小さい実と一緒に調理して食べます。

花ズッキーニにはビタミン類やミネラル類などの豊富な栄養価があります。

花ズッキーニは保存方法が難しいので、購入したら新鮮なうちに調理して食べてください。

 

花ズッキーニの保存方法

 

花ズッキーニの美味しい食べ方を知っていれば、花ズッキーニの豊富な栄養価を楽しく摂取できますね。

花ズッキーニの選び方と保存方法を紹介します。

花ズッキーニを選ぶときには、花びらに張りがあって瑞々しさを感じるものを選んでください。

花がしおれていたり変色しているものは鮮度が落ちているので美味しくありません。

花ズッキーニは日持ちしない野菜です。

花ズッキーニを購入したら、その日に調理して美味しく頂きましょう。

乾燥や高温で花がスグにしおれます。

花がしおれてしまうと食味が落ちるだけでなく、調理が難しくなります。

花ズッキーニをスグに調理しない時には、乾燥対策のためにポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

花ズッキーニは冷蔵庫の野菜室で上手に保存しても1~2日の賞味期限しかありません。


PAGE TOP