らっきょうの栄養価、食べ方、保存方法。冷凍はできる?

Sponsored Link

「らっきょう」は栄養価が豊富な野菜です。

「らっきょう」の上手な選び方や保存方法を知っていれば美味しい野菜を楽しめます。

「らっきょう」の漢字表記は「辣韮・薤・辣韭」などです。

別名には「オオニラ」や「サトニラ」があります。

「らっきょう」の原産地は中国・ヒマラヤ地方になります。

特有の強い匂いと辛味を持つ野菜です。

「らっきょう」の強い匂いはニンニクやニラと同じアリル硫化物です。

「らっきょう」は、主に塩漬け・甘酢漬け・醤油漬けで食べられています。

市販品の多くは甘酢漬けになります。

「らっきょう」の甘酢漬けは、カレーライスのつけあわせ(薬味)として人気があります。

「らっきょう」の甘酢漬けに含まれているアリル硫化物が消化を助けます。

ポークカレーの豚肉に含まれるビタミンB1の吸収に役立つともいわれています。

「らっきょう」は、鳥取県(鳥取砂丘)・福井県(三里浜)の特産品です。

 

次に、「らっきょう」の栄養価や「らっきょう」の保存方法などの紹介をします。

 

「らっきょう」の栄養価等

 

f1e6ce3ed1d185f1c0ef57213f3db5d5

 

「らっきょう」は栄養価が豊富な野菜です。

「らっきょう」に含まれている栄養成分は、ダイエット・便秘改善・ガン予防・糖尿病予防・生活習慣病予防・風邪の予防・疲労回復などに役立つと言われています。

ダイエットに役立つ「らっきょう」に含まれている栄養はフルクタンです。

フルクタンには脂肪が体内に吸収されるのを防ぐ働きがあります。

また、フルクタンには整腸作用・血糖値の急上昇を抑える働きもあるとされています。

フルクタンは肥満だけでなく糖尿病の予防にも役立ちます。

便秘改善に役立つ「らっきょう」の栄養素は食物繊維です。

「らっきょう」に含まれている食物繊維は水溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維が腸内環境を整えます。

「らっきょう」に含まれているジアリルスルフィドはガンの発症を抑える酵素の働きを助けます。

「らっきょう」の強い殺菌作用は胃がんの原因のピロリ菌を死滅させます。

含まれているサポニンは抗酸化作用が強いので、肺がんや胃がんの予防に役立つと考えられています。

「らっきょう」に含まれている硫化アリルには血液の凝固を抑制する働きがあります。

硫化アリルが生活習慣病の予防に役立ちますね。

次に、「らっきょう」の保存方法の紹介をします。

 

「らっきょう」の保存方法

 

o0800060010537921052

 

「らっきょう」は栄養価が豊富な野菜です。

注目の栄養成分には、フルクタン・ジアリルスルフィド・硫化アリル・サポニン・食物繊維などがあります。

「らっきょう」の上手な保存方法を知っていればいつまでも美味しく食べられます。

「生らっきょう」は日持ちしません。

「生らっきょう」は購入した日に食べきることをおススメします。

もし、食べきることができなかったら密封性のあるビニール袋やタッパーに入れて冷蔵庫で保存して数日中に消費してください。

長期保存するなら「らっきょう漬け」をおススメします。

 

らっきょう漬け

 

「らっきょう」は栄養価が豊富な野菜です。

「生らっきょう」では日持ちしないので、「らっきょう漬け」にして長期の保存方法が出来るようにしませんか。

市販の「らっきょう漬け」は未開封であれば4~5年は保存期間があるようです。

市販の「らっきょう漬け」を開封したら冷蔵保存してください。

市販の「らっきょう漬け」には防腐剤が入っているので冷蔵保存すれば1~2年間は保存できます。

只、早めに消費するほうが美味しく食べられます。

自分で漬けた「らっきょう」に防腐剤などの添加物を使っていないので早めに食べたほうが良さそうです。

「らっきょう漬け」は冷凍保存できます。

冷凍保存すれば長期保存が可能になります。


PAGE TOP