冷めた揚げ物を電子レンジでカラッとサクサクになる温め直し方

Sponsored Link

カラッと揚げた天ぷらやトンカツ・唐揚げが大好きな人も多いのではないでしょうか。

揚げ物は揚げ料理とも呼ばれます。

揚げ物・揚げ料理とは、高温の多量の油の中で食材を加熱調理した料理や調理技法になります。

揚げ物・揚げ調理に使われている油の沸点は摂氏100度以上になります。

油を使うと摂氏100度で沸騰する水で煮る調理よりも高温の加熱調理が可能になります。

揚げ物・揚げ料理の特徴は、表面のみがサクッとした食感で内部は水分が保たれて軟らかさが残っていることです。

料理に吸収された油が風味を与えています。

揚げ物・揚げ料理は、炒めるより短時間で均一に食材に火を通せるので肉や魚の旨みを逃がしません。

野菜の揚げ物は良い食感で鮮やかな色に仕上げられます。

日本人の大好きな揚げ物・揚げ料理は冷めると美味しくなくなりますね。

揚げ物をカラッと温め直して食べるには電子レンジを使うと良いそうです。

電子レンジを使って揚げ物をカラッと温められれば美味しい揚げ物を楽しめますね。

 

次に、揚げ物の種類・電子レンジを使った揚げ物の温めなど、電子レンジで揚げ物をカラッと温める簡単調理や揚げ物の温め直しの方法の紹介をします。

 

日本人が好きな揚げ物

 

db8aae318db267934c5bfcb96fc7cd57_t

 

日本にはたくさんの種類の揚げ物・揚げ料理があります。

揚げ物・揚げ料理を大きく分けると、素揚げ・唐揚げ・天ぷら・フライ・カツ・コロッケ・フリッター・パコラ・揚げ菓子・麺類などになります。

「素揚げ」には、油揚げ・厚揚げ・揚げパン・おやき・春巻き・揚げ餃子・揚げシュウマイなどがあります。

「唐揚げ」には、竜田揚げ・フライドチキンなどがあります。

「天ぷら」には、かき揚げ・磯辺揚げなどがあります。

「カツ」には、豚カツ・牛カツ・チキンカツ・串カツなどがあります。

「揚げ菓子」には、フライドポテト・ポテトチップス・ドーナツ・かりんとうなどがあります。

「麺類」ではインスタントラーメンが有名ですね。

揚げ物・揚げ料理を温め直しするには電子レンジが良いそうです。

次に、電子レンジを使って揚げ物をカラッとさせる方法を紹介します。

 

電子レンジと揚げ物

 

1ae6f29d3e865e9977bbe08c6694807a64ceb6f5

 

揚げ物・揚げ料理は冷めると美味しくなくなりますね。

揚げ物・揚げ料理を温め直しするには電子レンジを使うと簡単だと言われます。

電子レンジを使って冷たい揚げ物をカラッとさせるにはどうすれば良いのでしょうか。

電子レンジを使って揚げ物・揚げ料理を温めなおすときに注意したいポイントは3つです。

・電子レンジで一気に温めない

・常温に戻してから温める

・温めなおしの前に揚げ物の油分を拭き取るなどです。

 

揚げ物・揚げ料理の温めなおしステップ

 

冷めた揚げ物・揚げ料理を温め直しするには電子レンジが簡単でした。

電子レンジを使って 揚げ物・揚げ料理をカラッとさせるステップを紹介します。

ステップ1・冷蔵庫からだしてトースターなどで常温に戻す。

ステップ2・電子レンジで温める前にキッチンペーパーなどで油をふき取る。

トースターでも揚げ物・揚げ料理をカラッと温めなおせます。

ステップ1・まずトースターを温める。

ステップ2・アルミホイルをシワシワにしてトースターに敷いて揚げ物から出る油受けにする。

ステップ3・温めたトースターのアルミホイルの上に揚げ物を置いて約2分間温める。

 


PAGE TOP