アボカドの食べごろ、熟した時の見分け方。固い時の調理法

Sponsored Link

アボカドは、クスノキ科ワニナシ属の常緑高木・果実です。

アボカドはワニナシ(鰐梨)と呼ばれることもあります。

アボカドはメキシコ・中央アメリカを原産地とした果実です。

アボカドは低温に弱いので主に熱帯~亜熱帯で生育しています。

野生のアボカドの木は樹高が30m程度にもなります。

アボカドの栽培が始められた時代は分かりませんが、中南米では果樹として数百年以上前から栽培されていたようです。

13世紀から15世紀頃までにはアボカドの栽培は行われていたようです。

アボカドは生食されることが多い果実なので、サラダ・タコス・サンドイッチ・ハンバーガー・巻寿司(カリフォルニアロール)などに用いられています。

アボカドは醤油によく合う果実として知られています。

アボカドを刺身のようにワサビ醤油で食べたり、巻寿司にすれば美味しく食べられます。

和風ドレッシングのサラダにも合う果実です。

サーモンと合わせても美味しいですね。

バターの代わりにアボカドをトーストに塗って食べても美味しいようです。

アボカドのアイスクリームもあります。

日本で食べられているアボカドの多くはメキシコ産ハス種です。

アボカドは1年間出回っていますが、アボカドの美味しい時期は3~9月になります。

アボカドには不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

アボガドを美味しく食べませんか。

 

次に、アボカドを熟す方法や美味しいアボカドの見分け方や固いアボカドを美味しく食べる調理方法などの紹介をします。

 

アボガド

 

publicdomainq-0000506pwv

 

アボカドには不飽和脂肪酸を多く含んでいるのでアボカドオイルにもなります。

アボカドの果実は樹上では軟らかくなりません。

固いアボカドの熟す方法をしらなければ美味しく食べられません。

アボカドは収穫後に追熟させて軟化させて美味しくなってから食べます。

日本の果物屋・八百屋・スーパーなどの店頭で購入できるアボカドは完熟していないものがほとんどです。

店頭で並んでいるアボカドの多くは固いので追熟してから食べます。

追熟する方法は常温保存することです。

常温で放置しておくと追熟して美味しくなります。

アボカドは、熟すと果皮の色がより黒っぽくなります。

只、アボカドの中には熟しても緑色のままの品種もあるのでよく確認してください。

黒っぽい果皮の色だけでなく表皮が柔らかくなれば美味しく食べられるサインになります。

 

美味しいアボカド

 

_1_image_size_300_400

 

アボカドが熟すと果皮が黒っぽくなって表皮が柔らかくなります。

美味しいアボカドの見分け方を知っていれば追熟させて美味しいアボカドを食べられます。

固いアボカドは追熟しないと美味しく食べられません。

アボカドは20~25℃の温度で追熟させると軟化します。

軟化して食べごろに熟すと皮が黒くなります。

17℃程度の温度で追熟させると果皮が黒くなる前に軟化するので注意が必要です。

アボカドの追熟温度は21℃程度が適しているようです。

店頭に並んでいるアボカドには、食べごろに変色した時の色が付いたシールが貼られているものがあります。

シールと同じ色の果皮になれば美味しくなったと判断できます。

 

固いアボカド

 

アボカドは熟すと果皮が黒くなります。

美味しく熟した果皮の見分け方はアボカドに貼られたシールで判断できます。

次に、固いアボカドの調理方法を紹介します。

固いアボカドは加熱することで柔らかくなります。

固いアボカドを加熱して美味しく食べる調理方法にはクリームパスタがあります。

アボカドをクリームで煮れば柔らかく美味しくなります。

アボカドとクリームの相性は抜群です。

固いアボカドをスライスして、アボカド目玉焼きトーストにしませんか。

トーストに使うことで卵とアボカドを美味しく食べられます。

固いアボカドは天ぷらにしても美味しく食べられます。

ホクホクとした食感の美味しいアボカド天ぷらを試しませんか。


PAGE TOP