なぜ甘酒は飲む点滴と言われる?妊婦も飲める?甘酒の栄養成分、効能

Sponsored Link

甘酒は飲む点滴と言われることがあります。

甘酒の栄養成分や効能はどのようなものでしょうか。

甘酒は妊婦さんも飲めると言われています。

美味しい飲む点滴を健康・美容に役立てませんか。

甘酒は甘粥(あまがゆ)とも呼ばれる日本の伝統的な甘味飲料になります。

甘酒の主材料は、米こうじ・米・酒粕などです。

見た目は「どぶろく」に似て混濁しています。

「甘酒」の名称から酒類と勘違いされることがあります。

酒という名がついていますが米麹から作られる甘酒のアルコール含有はわずかです。

市販されている甘酒商品はアルコール度数1%未満の「ソフトドリンク」に分類されています。

甘酒商品には、缶入り・瓶入り・フリーズドライ・粉末などがあります。

ミルクスタンドでも「冷やし甘酒」や「甘酒ヨーグルト」などの甘酒類の各種製品も販売されています。

正月には参拝客に甘酒を振る舞う寺社や、甘酒販売をしている寺社もあります。

米農家などが収穫の感謝のお祭りで甘酒を供える風習が残っている地域もあります。

雛祭りの際に飲まれる「白酒」は「甘酒」とは製法が異なる別物になります。

最近の雛祭では、甘酒を白酒の代品として使われること一般的になっています。

 

次に、甘酒を飲む点滴という理由・甘酒の栄養と効能・甘酒は妊婦さんも飲める?などの紹介をします。

 

甘酒は飲む点滴

 

misogashi03

 

甘酒は飲む点滴と言われることがあります。

甘酒が飲む点滴と言われる理由は、栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であるからです。

甘酒には豊富なビタミン類・アミノ酸類・ブドウ糖・オリゴ糖・食物繊維が含まれています。

ブドウ糖以外の成分は原料米とのコウジカビ属に由来しています。

栄養豊富な甘酒を飲む点滴と言うことはありますが、あくまでも栄養成分が似ているというだけです。

一般的な点滴は決して栄養豊富というわけではなく、甘酒が点滴の役割になることはありません。

次に、甘酒の栄養・効能や甘酒は妊婦さんでも飲める?などの紹介します。

 

甘酒の栄養・効能 甘酒 妊婦

 

0c9d9af8fc65ef919c04278173ddd02f_t

 

甘酒は飲む点滴とも言われる栄養成分豊富な食品です。

甘酒の栄養・効能を紹介します。

甘酒の栄養成分は、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸・食物繊維・オリゴ糖・アミノ酸(システイン、アルギニン、グルタミンなど)・ブドウ糖などです。

甘酒の効能には、消化吸収のサポート・腸内環境の改善・血行改善・代謝改善・美肌つくり・ダイエット・アンチエイジング・生活習慣病予防・女性の悩み改善・母乳の出を良くするなどがあります。

「ジャパニーズヨーグルト」として海外に販売している企業もあります。

気温が低い冬季には風邪予防や暖を取るために甘酒を熱くして飲むことがあります。

気温が高い夏季にはサッパリと飲めるようにショウガ汁を入れて飲まれることがあります。

次に、甘酒は妊婦さんでも飲める?の紹介をします。

 

甘酒は妊婦さんも飲める?

 

甘酒は飲む点滴と言われるほど、甘酒の栄養・効能に注目が集まっています。

美味しい甘酒は妊婦さんでも飲めるのでしょうか?

甘酒は飲む点滴とも言われて栄養摂取や疲労回復に効果的とされています。

妊娠中のアルコール類は胎児に悪影響を与えるので禁止されますが、甘酒は大丈夫でしょうか。?

甘酒にも大丈夫なものとNGのものがあるようです。

米麹から作られるアルコールが含まれない甘酒は妊婦さんでもOKです。

酒粕などから作るアルコールが含まれる甘酒は禁止になります。

酒粕から作られる甘酒のアルコール濃度は8%程度と高いので注意が必要です。

ソフトドリンクとして売られている市販の甘酒なら大丈夫ですね。


PAGE TOP