トウモロコシのフライパン、レンジを使った簡単な茹で方、保存方法

Sponsored Link

「とうもろこし」の日本語での呼び方は、地方によりいろいろあります。

「トウキビ」・「トーキビ(唐黍)」・「ナンバ」・「トウミギ」などです。

「とうもろこし」の漢字表記は「玉蜀黍」になります。

「とうもろこし」はイネ科の一年生植物になります。

人の食料や家畜の飼料となる穀物です。

デンプン(コーンスターチ)や油・バイオエタノールの原料としても重要な穀物、世界中で栽培されています。

米や麦とならぶ世界三大穀物の一つになります。

英語圏でのコーンは昔は穀物全体を指していましたが、現在での多くの国ではコーンとは「とうもろこし」を指しています。

只、イギリスでは現在でも「とうもろこし」をメイズと呼び、コーンとは穀物全般を指しているようです。

美味しい「とうもろこし」の茹で方を知っていますか。

レンジでも「とうもろこし」を美味しく調理できます。

美味しい茹で方を知らなくても、レンジを使った調理法を知っていれば安心です。

フライパンを使った「とうもろこし」のお美味しい茹で方もあるようです。

「とうもろこし」の簡単な茹で方を覚えて、旬の甘いとうもろこしを楽しんでください。

 

次に、「とうもろこし」の美味しい茹で方・レンジを使った「とうもろこし」の調理方法(茹で方)・フライパンを使った「とうもろこし」の茹で方などの簡単で美味しい調理方法を紹介します。

 

「とうもろこし」の美味しい茹で方

 

gatag-00006249

 

「とうもろこし」の美味しい茹で方にはコツがあるようです。

茹で方・茹で時間・塩加減がポイントです。

「とうもろこし」を茹でる前には下処理をします。

「とうもろこし」を茹でるときには、皮を1~2枚だけ薄く残してから茹でます。

皮を残したほうがジューシーな仕上がりになります。

「とうもろこし」の茹で方では茹でる鍋と塩加減も大切です。

「とうもろこし」を茹でるときの鍋は、「とうもろこし」全体がスッポリはいる大きさにします。

塩加減は水の量の2~2.5%になります。

水に塩を加えて沸騰させます。

沸騰したお湯に「とうもろこし」を入れます。

「とうもろこし」を茹でる時間は10~12分になります。

落し蓋をするか、落し蓋がなければ「とうもろこし」を鍋の中で回転させます。

「とうもろこし」が茹で上がったら、そのまま10分間茹で湯につけたまま放置します。

適度に粗熱が取れて塩がなじんで、食べたときに甘く感じられます。

次に、レンジを使った「とうもろこし」の茹で方やフライパンを使った「とうもろこし」の茹で方などの簡単レシピを紹介します。

 

レンジを使う方法

 

publicdomainq-0014278okq

 

「とうもろこし」の上手な茹で方を知っていれば、甘みのあるジューシーな美味しい旬を楽しめます。

次に、レンジを使った美味しい「とうもろこし」の調理方法を紹介します。

上手な茹で方を知らなくてもレンジでの調理法を知っていれば美味しく食べられます。

レンジを使った「とうもろこし」の茹で方のステップ1は、「とうもろこし」の皮とヒゲを取って軽く洗います。

ステップ2・洗った「とうもろこし」の水分はそのままでラップで包みます。

ステップ3・600wのレンジで5分間加熱します。

ステップ4・加熱が終わってもしばらくそのままの状態で蒸します。

次に、フライパンを使った「とうもろこし」の茹で方などの簡単レシピを紹介します。

 

フライパンを使って茹でる

 

フライパンを使った「とうもろこし」の茹で方もあります。

レンジを使った「とうもろこし」の茹で方も簡単ですが、フライパンを使った「とうもろこし」の茹で方も簡単です。

農家一押しの蒸し方です。

ステップ1・「とうもろこし」の皮1枚とヒゲを残して皮をむきます。

ステップ2・取り除いた皮を洗ってフライパンに敷きます。

ステップ3・フライパンに敷いた皮の上に「とうもろこし」をのせます。

ステップ4・「とうもろこし」におたま1杯分の水をかけて蓋をして火をつけます。

ステップ5・水が沸騰するまでは強火→沸騰してからは中火で3~5分蒸します。


PAGE TOP