イカは栄養、効能あるの?食べ過ぎると痛風、下痢、病気になる?

Sponsored Link

イカは美味しくて栄養成分たっぷりの海の幸です。

イカに含まれている成分の効能には健康・美容に役立つようです。

イカの漢字表記には「烏賊」・「柔魚」などがあります。

イカは海生軟体動物で分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目です。

日本では軟骨やクチバシを除くほぼ全身が食用にされています。

イカは、刺身・焼き物・揚げ物・カレーやパスタの具・煮物・炒め物などの料理で美味しく食べられています。

塩辛・干物などの加工食品も人気があります。

刺身・焼き物・塩辛・干物などは、酒の肴としても人気があります。

イカ焼きは、お祭り・海の家の屋台の定番となっているので食べた人も多いのではないでしょうか。

イカの収穫量が多い地域には、「イカそうめん」・「イカめし」などの特産品もあります。

長野県で古くから親しまれていた保存食の「塩いか」は、現在でも学校給食などに使われているようです。

日本のイカ消費量は世界第一です。

世界の年間漁獲量のほぼ2分の1を消費しているとされています。

日本で最も多く消費される魚介類はスルメイカになっています。

ビタミンE・タウリン・亜鉛・DHA・EPAなどの栄養成分も多く美味しいイカですが食べ過ぎは良くないですね。

イカの食べ過ぎは痛風などの病気のリスクも上げます。

イカを食べ過ぎると下痢や腹痛などにもなります。

イカだけではないですが食べ過ぎは病気の原因になるので注意が必要ですね。

 

次に、イカの栄養成分と効能・イカの食べ過ぎと痛風との関係・イカを食べ過ぎると下痢や腹痛になるの?・イカの食べ過ぎで心配な病気などの紹介をします。

 

イカの栄養成分と効能

 

b1a920c59a72843b108f3a3bc1718b32

 

イカの栄養成分と効能を紹介します。

イカには、ビタミン類・ミネラル類・アミノ酸類などが含まれています。

ビタミン類では、

・ビタミンA・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6

・ビタミンB12・葉酸・パントテン酸・ビオチン・ビタミンCなどです。

ミネラル類では、ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン他が含まれています。

アミノ酸類では、必須アミノ酸のイソロシン・ロイシン・リジン・メチオニン・シスチン・フェルアラニン・チロニン・トリプトファン・バリンなどが含まれています。

イカの栄養成分ではタウリンが注目です。

タウリンには、コレステロールの代謝を促して血液をサラサラにする効能があるとされています。

タウリンには、心臓や肝臓の機能向上・視力回復・高血圧予防などの働きもあります。

次に、イカの食べ過ぎと痛風との関係・イカを食べ過ぎると下痢や腹痛になるの?・イカの食べ過ぎで心配な病気などの紹介をします。

 

イカの食べ過ぎと痛風

 

teppouyaki

 

イカの栄養成分ではタウリンの効能が期待されます。

イカの食べ過ぎは痛風の原因になるといわれていますが本当でしょうか?

イカ 食べ過ぎで下痢になったなどの話も聞きます。

イカはプリン体を多く含む魚介類とされています。

プリン体は尿酸の原料になる成分です。

体内にあるプリン体のうちで、食事に由来するものの比率は20%程度とされています。

プリン体と尿酸値の関連が深いのは明確なので、プリン体の1日の摂取目安量の400mgに留意すれば痛風のリスクを上げることなないと考えらえます。

人気のスルメイカ100gに含まれているプリン体は約187mgです。

スルメイカ200gで370mg程度なので、1日の摂取目安程度になります。

イカは毎日食べる魚介類でもないので気にすることはないと思います。

次に、イカの食べ過ぎると下痢や腹痛になる? イカの食べ過ぎで心配な病気などの紹介をします。

 

イカの食べ過ぎと病気

 

イカにはビタミン類・ミネラル類・アミノ酸などの栄養成分が含まれています。

イカに含まれているタウリンの効能は健康に役立ちます。

イカにはプリン体を含んでいるので食べ過ぎると痛風のリスクが上がります。

イカの食べ過ぎで下痢や腹痛になるのは、繊維質が強い食べ物だからです。

イカを食べるときには良く噛んで食べてください。

よく噛んで食べ過ぎに気を付ければ下痢や腹痛の心配は不要です。

イカを食べ過ぎると消化不良による病気になるようです。

下痢・腹痛・腹部膨張などです。

また、古いイカはビタミンを破壊するチアミナーゼが発生するので食べないようにしてください。

 


PAGE TOP