ヤーコンの旬な時期、栄養、カロリー、下処理、食べ方、保存方法

Sponsored Link

ヤーコンも最近はスーパーの野菜売り場や八百屋さんで見かけるようになりました。

まだ、一般の食卓には普及していないようです。

ヤーコンは美味しくてヘルシーな野菜です。

ヤーコンをスーパーや八百屋さんで選ぶときには、太すぎないでスラッとして表面に傷などが無い物にします。

選ぶときには切り口がシッカリしているものを選びます。

干からびている・しぼんでいる・瑞々しくないものは避けてください。

美味しいヤーコンは硬く締りがあり重いものが良いですね。

手に持った時に表面が硬く張りがあるもの選んでください。

柔らかくて弾力感があるようなものは鮮度が落ちているのは注意してください。

ヤーコンはキク科スマランサス属の多年草です。

根にはフラクトオリゴ糖が多いので梨のような食感と甘みがあります。

ヤーコンは「アンデス・ポテト」と呼ばれることもあるようです。

 

次に、ヤーコンの栄養・ヤーコンのカロリー・ヤーコンの下処理・美味しい食べ方・ヤーコンの保存方法などを紹介します。

 

ヤーコンの栄養

 

img61690033

 

ヤーコンに含まれている栄養成分には、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維があります。

ビタミン類には、カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCがあります。

ミネラル類には、ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄などがあります。

ヤーコンには豊富なオリゴ糖が含まれています。

ヤーコンに含まれているのはフラクトオリゴ糖です。

フラクトオリゴ糖は分解・吸収されにくいので低カロリーです。

腸内で乳酸菌やビフィズス菌の餌になるので善玉菌を増やして悪玉菌を減らします。

フラクトオリゴ糖は、血中コレステロール・中性脂肪・血糖値・血圧を低下させる働きがあります。

ヤーコンにはポリフェノール・クロロゲン酸・フラボン類も含まれています。

ポリフェノールは抗酸化物質です。

動脈硬化・血管の老化を防ぐ働きがあります。

クロロゲン酸やフラボン類は活性酸素の除去をサポートするので、発がん予防や老化予防に役立ちます。

ヤーコンのカロリーは100g当たり54kcalです。

次に、ヤーコンの下処理や美味しい食べ方・ヤーコンの保存方法などの紹介をします。

 

ヤーコンの下処理と美味しい食べ方

 

555263_20171225203328104

 

ヤーコンには豊富な栄養成分があります。

ヤーコンは低カロリーなのでダイエットにおススメの食品です。

ヤーコンの下処理は簡単です。

ヤーコンを使う時にはピーラーなどで皮を剥きます。

皮を剥いたら細切りやスライスにして数分間水にさらします。

下処理で水にさらすと仕上がりが白くきれいになります。

ヤーコンを美味しく食べるには食感と甘さを楽しむことです。

ヤーコンはサツマイモににた形ですが、味や歯触りは梨のようです。

シャキシャキとした食感と甘さがあるので、サラダや揚げ物・炒め物に適しています。

次に、ヤーコンの保存方法を紹介します。

 

ヤーコンの保存方法

 

ヤーコンには健康・美容に役立つ栄養成分が含まれています。

ヤーコンは低カロリーなどでダイエットに役立ててください。

ヤーコンの下処理は簡単です。

細切りやスライスにして数分間水にさらしてください。

ヤーコンの保存方法では常温保存をおススメします。

常温でも気温が20℃以上や5度以下になると日持ちしないので、常温保存するときには直射日光が当たらない風通しの良い場所に保存します。

ヤーコンは水気を嫌うので湿気には注意をしてください。

ヤーコンは土付きであれば土がついたま新聞紙に包んで保存します。

ヤーコンがたくさんある時には、段ボールの底に新聞紙を敷いたうえに置いて一番上にも新聞紙を乗せて保存します。


PAGE TOP