クリームチーズの冷凍保存方法、保存期間、分離しない解凍方法

Sponsored Link

クリームチーズ保存方法には、冷蔵・冷凍保存方法が考えられます。

クリームチーズの冷蔵保存方法・クリームチーズの冷凍保存での賞味期限・クリームチーズの上手な解凍方法などの紹介をします。

クリームチーズは非熟成の軟質チーズになります。

生クリームまたはクリームと牛乳の混合物を乳酸発酵させて、ホエイを除いて製造したチーズです。

クリームチーズの起原には、アメリカのニューヨークの乳製品加工業者が1872年の作ったという説があります。

フランスのヌーシャルテルチーズに着想を得て、クリームチーズが誕生したとされています。

クリームチーズの販売は1880年で、ニューヨークのチーズ卸業者が「フィラデルフィア」と名付けて売りました。

クリームチーズは、比較的水分が多いので常温や冷凍での保存よりも10℃以下での冷蔵保存が適しています。

クリームチーズの特徴は、穏やかな酸味とバターのような滑らかさです。

パンやベーグルに塗ると美味しく食べられます。

チーズケーキの主な材料としてクリームチーズが利用されています。

マッシュポテトに混ぜ入れる・サラダのトッピング・スモークサーモンの付け合せなどでもクリームチーズは美味しく食べられます。

クリームチーズの栄養分の内分けは、水分55%以下・脂肪33%以上・たんぱく質10%・食塩0.8~1.2%になります。

 

次に、クリームチーズの冷蔵保存方法・クリームチーズの冷凍保存の賞味期限・クリームチーズの上手な解凍方法などの紹介をします。

 

クリームチーズの冷蔵保存

 

mgcreamcheesimage

 

クリームチーズは水分多めのチーズなので10℃以下での冷蔵保存が最も美味しく食べられる保存方法です。

クリームチーズの賞味期限は、未開封での賞味期限なので開封したらスグに食べてください。

クリームチーズはナチュラルチーズです。

ナチュラルチーズは発酵食品なので、基本的には熟成して美味しくなります。

一般的にクリームチーズの開封後の賞味期限は一週間以内となっているようです。

メーカーが表示している賞味期限は守ったほうが安全ですが、チーズは発酵食品なので臭い・カビなど確かめてから食べられるか確認したほうが良さそうです。

もしかしたら熟成して美味しくなっていることもあります。

クリームチーズは賞味期限内でも、すえた臭いや変色があれば食べるのは避けてください。

 

クリームチーズの冷凍保存

 

11221735_528f173b4f92f

 

クリームチーズは冷蔵庫で10℃以下の冷蔵保存する方法が最も適しています。

クリームチーズを冷凍保存する方法もありますが、冷凍保存をすると風味が落ちます。

風味は落ちますが冷凍保存した場合の賞味期限は1ヶ月程度になります。

クリームチーズを冷凍保存する場合は、1回に使う量分ごとに小分けしてサランラップなどで包んで、フリーザーパックにまとめます。

包んでいるサランラップは3日ごとに取り換えてください。

次に、冷凍保存したクリームチーズの解凍方法を紹介します。

 

クリームチーズの解凍方法

 

クリームチーズの保存方法では冷蔵保存が最も適しています。

クリームチーズを冷凍保存すれば風味は落ちますが賞味期限は1ヶ月程度です。

クリームチーズの上手な解凍方法を知っていれば美味しく食べられます。

解凍方法を間違うと油分が分離してボロボロになってしまうので注意が必要です。

クリームチーズを解凍するときには、冷蔵庫で時間をかけて解凍します。

加熱調理するときには、凍ったままのクリームチーズをそのまま使えば風味の減りを抑えて美味しく食べられます。


PAGE TOP