そら豆の栄養は皮にも栄養ある?皮も食べられるレシピ

Sponsored Link

そら豆は栄養豊富な野菜です。

そら豆の薄皮にも栄養が含まれています。

そら豆の薄皮を美味しく食べるレシピがあれば良いですね。

そら豆の漢字表記は「蚕豆」・「空豆」です、別名には野良豆(ノラマメ)・夏豆(ナツマメ)・天豆(テンマメ)・四月豆(シガツマメ)・高野豆(コヤマメ)などがあります。

そら豆の名前の由来は、サヤが空に向かってつくためという説があります。

蚕を飼う初夏に食べたことや、サヤの形が蚕に似ていることから「蚕豆」という字になったという説もあります。

そら豆の原産地は、地中海・西南アジアになります。

イスラエルの新石器時代の遺跡からもそら豆が出土しています。

ソラマメは古代エジプトやギリシア・ローマで食べられていたようです。

日本にそら豆が伝わったのは8世紀頃だと言われています。

古くから世界各地で栽培されて食べられています。

現在では、南米・北米・ウガンダ・スーダンなどで栽培されています。

そら豆の収穫は5月頃からになります。

長さ10~30cm程度のサヤに3~4個の種が含まれています。

 

次に、そら豆のこと・そら豆の栄養(実と薄皮)・そら豆の薄皮のレシピなどの紹介をします。

 

そら豆

 

gatag-00006469

 

そら豆には豊富な栄養(実と薄皮)があります。

そら豆の食べ方では、塩茹でやサヤごと焼いて中のマメをそのまま食べるのが美味しいですね。

そら豆を揚げて塩をふった料理も美味しいです。

そら豆を揚げて塩をふった料理はフライビーンズ(いかり豆)と呼ばれます。

そら豆は、煮物・炒め物・スープなどの料理でも美味しく食べられます。

アジアでは豆板醤の原料としても使われています。

大豆アレルギーを回避するための代用食品の原料としてそら豆が使われています。

次に、そら豆の栄養(実と薄皮)やそら豆 皮 レシピの紹介をします。

 

そら豆の栄養

 

original

 

そら豆には豊富な栄養(実と薄皮)が含まれています。

そら豆には、タンパク質・ビタミン類・ミネラル類・食物繊維を豊富に含んでいます。

ビタミン類は、β‐カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸・ビタミンCです。

ミネラル類は、カリウム・鉄です。

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。

そら豆の薄皮には食物繊維が豊富に含まれています。

鮮度の良いそら豆は薄皮部分も食べられます。

そら豆には、レシチンを含む脂質もあります。

レシチンは血中コレステロール値を調整して動脈硬化を抑制します。

次に、そら豆の皮のレシピを紹介します。

 

そら豆の皮のレシピ

 

そら豆には豊富な栄養(実と薄皮)が含まれています。

食物繊維が豊富なそら豆の薄皮のレシピを紹介します。

ステップ1・そら豆の薄皮だけを茹でます。

ステップ2・茹でたそら豆の薄皮70gに対して、片栗粉大匙1・粉チーズ大匙1・サラダ油大匙1・塩少々・粗びきこしょう少々を用意します。

ステップ3・茹でたそら豆の薄皮・片栗粉・粉チーズ・サラダ油・塩・粗びきこしょうをビニール袋に入れてシッカリ揉みます。

ステップ4・オーブンシートに重ならないように並べて180度で30~40分焼きます。

ステップ5・全体がこんがりした色になったら完成です。


PAGE TOP